フライトウォレットType A2とは

2017.09.08 Friday

0

    コードバンフライトウォレット

    ハンドメイドの革製品を製造販売しております【SHIN】代表兼職人の加來(かく)です。

     

    最近ブログ移転したばかりということもあり、今回はあらためてSHINを代表するフラッグシップである

    「フライトウォレット TypA2」のご紹介をしたいと思います。

     

    そもそも「A2(エーツー)」とは

    1940年代に米陸軍航空隊で採用されたレザージャケットです。

    A2の歴史、ディティールに関しては詳しく書くと長くなるので興味のある方は

    wikipediaに分かりやすく載っております。

     

     

    フライトジャケットに限らず、ミリタリーアイテムというのは機能美を極限まで追求しているので

    流行り廃りに関係なくいつまでも愛されるのです。

     

    その中でもA2は特別で、まさに「キング・オブ・フライトジャケット」なのです。

    大脱走でスティーブ・マックイーンが着ていたり、映画でも昔から度々登場しているというのもその一因でしょう。

     

    フライトジャケットA2の写真

    前列右4人はA2を着てますね。(出典:AMERICA'S FINEST /Gary Howard著)

    これはD-day(ノルマンディー作戦)時の写真

    フライトA2 ジャケット

    これは僕が愛用しているA2。もう20年近く愛用しております。

    もちろんレプリカですよ。(リアルマッコイズ製)

    この襟とポケットがフライトウォレットのディティールに反映されているのです。

     

    フライトジャケットA2のTALONジッパー

    ファスナーやボタンも同じ、もしくは近いものを使っております。

     

    フライトウォレット

    これがスタンダードのフライトウォレット。

    革は牛革でイタリア/ブレターニャ社の「アリゾナ」という革です。

    A2ジャケットは本来「馬革」で作られていましたが、中には「牛革」や「山羊」なども使われていたようです。

     

    スタンダードのフライトウォレットの詳細はこちら

    フライトウォレット

    こちらも同じくアリゾナ製のフライトウォレットです。

    アリゾナはエイジングが素晴らしく、写真の「タン」のエイジングサンプルが↓

     

    フライトウォレット

    摩擦がかかるとその部分が濃くなるので、擦れているところとの濃淡の差が迫力を感じさせます。

     

     

     

    フライトウォレットコードバン

    こちらはフライトウォレットのコードバン仕様

    コードバンならではの艶が特徴。

    このコードバン(シールブラウン)がフライトウォレットの中では一番人気です。

     

    フライトウォレット

    以前、在日米軍関係のお客様よりオーダーを頂いたこともあります。

    「730AMS」というのは部隊名とのこと。

    ちなみに自衛隊にもご愛用いただいている方がいらっしゃいます。

    (あくまでも個人的なオーダーです)

     

    ※レザータグには名入れできますのでご希望の方はオーダー時にご用命ください。

     

     

    シールブラウンのコードバンのエイジングサンプル↓

    コードバンフライトウォレット

    ファスナー修理時に撮影したのでファスナーが新品です。

    育て方により、色々な表情を見せるので使う方によって育ち方が違います。

     

     

    フライトウォレット

    コードバンの「ラセットブラウン」

    こちらもなかなか人気の高いモデルです。

     

    フライトウォレットのコードバン仕様の詳細はこちら

     

    フライトウォレット

    こちらは「ホースハイド(馬革)」モデル。

    A2だったらやはり「馬革」でしょ〜って方はこちらがお薦め。

    ワイルドなシボが魅力。

     

    フライトウォレットホースハイド仕様の詳細はこちら

     

    フライトウォレット

    フライトウォレット

    フライトウォレットは何度か雑誌に掲載してもらったことがあるのですが、

    過去『CLITCH MAGAZINE vol.21』(において)において

    イギリスの写真家ニック・クレメンツ氏のコレクションとして紹介されたのは嬉しかったですね。

    (写真ちょっとですけど)

     


     

    さて、いかがだったでしょうか?

    正直、フライトウォレットはA2が好きな方に向けた商品で僕自身A2が大好きなので、

    A2を知らない方がこの財布をどう思うのかな〜というのは疑問でありました。

     

    しかしA2を知らないお客様でも「フライトウォレット」がカッコいいと言ってくださる方が

    多くいらっしゃいまして、とても嬉しいです。

    フライトウォレットから本家A2に興味がいくという「逆輸入的」な流れも有りかもしれません。

     

    次回はフライトウォレットのカスタムオーダー事例をご紹介したいと思います。

    ではまた次回お会いしましょう!

     

     

    そういえば…

    財布の内装に関して一切説明を書いてなかったですが…

    フライトウォレットの詳細はショップページにてご確認ください。

     

     

     

     

    コメント
    コメントする