マレンマの革財布「ラウンドファスナーウォレット」カスタムオーダー

2017.09.15 Friday

0

    マレンマの革財布

    ハンドメイドの革製品を製造販売しております【SHIN】代表兼職人の加來(かく)です。

     

    今回ご紹介しますのはSHINの定番「ラウンドファスナーウォレット」のカスタムオーダーです。

    革はマレンマの「ディープブラウン」をセレクト。かなり濃いめのダークブラウンです。

    ファスナーもTALON(タロン)に変更し、クラシックな仕上がりとなっております。

     

    マレンマディープブラウン

    これがマレンマで、半艶で非常に高級感があります。

    そしてパッと見で傷等が少ないように見えます。

    しかし、プルアップレザーなので曲げると色が薄くなりますが、そこに傷跡が浮き出てくるのです。

    ですので意外と革を裁断する際には注意が必要で、ちょっと曲げてみたりして傷跡等の有無を判断します。


    マレンマディープブラウン

    プルアップレザーの特徴「曲げると色が薄くなる」とはこんな感じ。

     

    「うっすら見える線状の模様が傷跡」

     

    ちなみに「傷跡」というのは牛が生きていたころ負った傷が治ったものであり、革になってから付いた傷ではありません。

    ですので耐久性には何ら問題はなく、周りより色の濃い線のような跡です。

    革の個性を楽しめるので、マニアの方はあえてこういう「傷跡」の部分を使ったりします。

    (僕も好きです)

    本来、耐久性を重視するならばこのような表面上の見た目ではなく、革の繊維の詰まり具合の方が重要なのです。

     

     

    革を鞣しているタンナーは傷跡等が多い個体は濃い色に染めて、

    比較的綺麗な個体は薄い色に染めるというふうにしているのだと思います。

    ディープブラウンは傷跡がやや多いので、多少の傷跡が入ってしまうのはご了承ください。

     

    過去に何度か書いておりますが、この「ディープブラウン」という色名称はSHINにおいて勝手に付けている名称です。

    本当は「チョコ」というか焦茶なのです。元々マレンマの「チョコ」を発注すると下の写真のような色でした。

     

    マレンマの革財布

    ところがあるときから「チョコ」を発注するとSHINで言う「ディープブラウン」が納品されるようになりました。

    つまり「個体差」っていう事なのですが「いくらなんでも変わり過ぎだろ〜」となり、

    これでは同じ色として販売することは不可能と判断しました。

    (染色のレシピか何かが変わったのかもしれませんね)

     

    ということで「ディープブラウン」と命名したのです。

    従って、この写真の「チョコ(焦茶)」は今のところ手に入らないのです。

    (ロットによる個体差なので、いずれまたこの色に近くなる場合もございますがしばらく「ディープブラウン」が続いております)

     

    どちらが良いかという問題ではなく好みの問題なのですが、

    マレンマに限って言えば色が濃い方が革の中に含まれるオイルが多いのでディープブラウンはかなりしっとり感のある質感です。

    オイルが多く含まれている方が良い革という風潮がありますが、

    作る側の人間からするとオイリーな革というのは接着しずらかったりしてなかなか手強いのです(笑)

     

    マレンマの革財布とコインケースとミンティアケース

    今回、お客様はウォレットの他にスリムコインケース、ミンティアケースも一緒にご購入頂きました。

    すべてディープブラウンのマレンマです。

    揃えてみると、ディープブラウンのマレンマは精悍な顔つきですね。

     

    それでは今回はこの辺で。

     


    ラウンドファスナーウォレット商品ページはこちら

     

    スリムなコインケース商品ページはこちら

     

    ミンティアケース商品ページはこちら

     

     

     

     

     

    コメント
    コメントする