バーガンディのコードバンフライトウォレット/カスタムオーダー

2017.10.20 Friday

0

    バーガンディのコードバンウォレット(フライトウォレット)

    今回ご紹介しますのは、コードバンフライトウォレットのカスタムオーダー品です。

    外装のコードバンは通常の「シールブラウン」から「バーガンディ」に変更しております。
    革の色の変更のみで、新喜皮革のコードバンを「レーデルオガワ」が染色〜仕上げした美しいコードバンです。

     

    コードバンフライトウォレット商品ページ

     

     

    バーガンディのコードバンウォレット(フライトウォレット)のネックフック

    オプションの「ネックフック」。あくまで装飾品ですが、A2らしさを引き立てます。

     

     

     

     

    バーガンディのコードバンウォレット(フライトウォレット)

     

    まず目を惹くのが赤いファスナーですね。
    お客様は赤いTALONファスナーをご希望でしたが、TALONには赤の設定が無いので、赤いWALDESファスナーのスライダをTALONに交換しました。(互換性有り)

    ステッチはファスナーの色に近い赤をセレクト。

    赤いファスナーは結構派手なので、かなり派手なフライトウォレットになるかと思いきや、落ち着いたバーガンディにファスナーとステッチが映える絶妙なカラーリングになっていると思います。

     

    バーガンディのコードバンウォレット(フライトウォレット)

    内装は赤で統一。

     

     

     

     

     

    さてここで、製作過程を見てみましょう。

     

    バーガンディのコードバンウォレット(フライトウォレット)

     

     

    裁断された内装と、外装です。
    内装は少し下ごしらえをしてあります。

     

     

    バーガンディのコードバンウォレット(フライトウォレット)

    コードバンはコバ(断面)を染めて磨きをかけます。

    「丘染め」と言って革の芯まで染色しないので断面は床面(裏側)は革の地の色のままなのです。

    上に乗っているのが磨き後。

    これだけでもぐっと締まります。

     

     

     

    ボタンを付けて貼り合わせ、縫製。

    (だいぶ端折っていますことをご容赦ください)

     

     

     

    エアフォースマークの刻印

    コインケース部に"ARMY AIR FORCES"の刻印を入れます。

    熱をかけてくっきりと。

     

     

    これがファスナーです。

    スライダーは付け替え済みです。

     

     

    さあ、ここまで来ました。

    (いきなり端折り過ぎ?)

     

     

     

    バーガンディのコードバンウォレット(フライトウォレット)

    このようになりました。

     

    バーガンディのコードバンウォレット(フライトウォレット)

    革はミスが許されないので慎重に縫っていきます。

    もうすぐで完成です。

     

     

    バーガンディのコードバンウォレット(フライトウォレット)

    ウォレットロープ縫製

     

     

    バーガンディのコードバンウォレット(フライトウォレット)

    そして完成!

     

     

    ちなみにコードバンに限らず、特に顔料ではなく染色された革は見る場所により色が全然違って見えます。

    この写真は室内で撮った写真です。

    そして下の写真は屋外で日光のもとで撮った写真。

     

    バーガンディのコードバンウォレット(フライトウォレット)

    日光によって、染められた革の下地が透けて見えるような、鮮やかな色に見えます。

     

     


    さて、いかがだったでしょうか?

    ノーマルのシールブラウンももちろん良いのですが、このように派手なカラーリングのフライトウォレットもなかなかイイですよね?

    カスタムオーダーのご相談はメール、お電話でお気軽にどうぞ。

     

    SHIN代表兼職人の加來でした。

     

    コードバンフライトウォレット商品ページ

     

     

    コメント
    コメントする