TALON(タロン)ファスナーの修理

2017.10.26 Thursday

0

    今回はTALON(タロン)ファスナーの修理レポートです。

     

    ファスナー全交換ではなく、タブが外れてしまった場合の修理です。

     

     

     

    TALON(タロン)ファスナー

    外れてしまったパーツ

    本来このクイっと曲がった爪のような部分がスライダーの穴というか凹みにはまっています。

    革と同様、良い味出てます。

     

     

     

     

    TALON(タロン)ファスナー

    取り出したるは、新品のTALONファスナー。

    ピカピカです。

     

     

     

     

    TALON(タロン)ファスナー

    工具で開いて外します。

    このパーツだけで仕入れられないので、わざわざ新品のファスナーから外して使います。

     

     

     

     

     

     

    TALON(タロン)ファスナー

    右が新品ですが、ツメの具合がこの通り全然違います。

    左は外れたものです。

    この状態でもペンチでぐいっと締めれば何とか持ちこたえるかもしれませんが、

    摩耗が進んでいるので外れやすくなってしまいます。

     

     

     

     

    TALON(タロン)ファスナー

    ペンチでぐいっと締込みます。

     

     

     

     

     

    革財布のファスナー修理

    修理完了です!

    (所要時間5分程度)

     

     

     

     

    ラウンドファスナーウォレット修理

    ご購入から3年程度だと思いますが、バッグに入れてご愛用の為、ファスナーテープはあまり痛んでおらずタブ交換のみとなりました。

    財布本体もだいぶ良い感じに育っております^^

    真ん中あたりに新しい傷がありますが、少し経てば馴染んでしまうでしょう。

     

     

     

     


     

    ご参考までに、今回の修理代は1620円です。

     

    もし修理をご希望の場合は

    往復送料(関東で1500円程度)+1620円ですので3000円〜です。

     

    例えば、新品のタブだけ送ってくれれば自分で修理するよって方は

    タブ部品代1080円+送料です。

    送料は普通郵便でよければ82円です。

     

    その他、修理についてのご質問などありましたらお気軽にご相談ください。

     

     

    SHIN代表兼職人の加來でした。

     


    SHINオンラインショップはこちら

     

     

     

     

     

     

     

    コメント
    コメントする