ホーウィン社クロムエクセルのフライトウォレットtype A2/カスタムオーダー

2018.03.23 Friday

0

    ホーウィンクロムエクセルのフライトウォレット

    ホーウィン社(アメリカ)のクロムエクセルというレザーを使ったフライトウォレットをご紹介いたします。

     

    通常版ではクロムエクセル仕様はございませんので、カスタムオーダーとなります。

    ※カスタムオーダーとは、定番商品のデザインは変えずに革(色)、ステッチ等を自分好みに変えるカスタムのこと。

    お気軽にご相談ください。

     

     

     

    ホーウィンクロムエクセルのフライトウォレット

    カラーは深みのある「バーガンディ」。

    クロムエクセルと言えば「このカラー」という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

     

    派手そうで実は落ち着いたカラーのバーガンディに合わせるのは赤いステッチ。

    さらにブラックアウトされた「TALONジッパー」によって何やら「ワルい」フライトウォレットになっております。

     

     

     

    ところで襟元についている金属製のパーツは何?

    と疑問を持たれた方にご説明いたします。

    これは「ネックフック」といいまして、このフライトウォレットの元になっているフライトジャケットである「A2」の襟元についているフックなのです。

    フライトウォレットに付いているものは、あくまで「デザイン上のディティール」ですので機能はしません。

    ちなみにこのネックフックはオプションでお選び頂けます。

    ※フライトウォレットとは何?という方はこちらの記事をご覧ください。

    「フライトウォレットとは?」

     

     

     

     

    ホーウィンクロムエクセルのフライトウォレットA2タグ

    ブラックTALON

     

    真鍮にブラック塗装?が施されたTALONジッパーです。

    使い込んでいくと塗装が剥がれ、真鍮生地が姿を現します。

    何度か開閉しているだけで、すでにエレメント(粒状のレール)は真鍮生地が出てきてます。

    これも「味」としてお楽しみください^^

     

    普通ですと、「色が変わった」とか「塗装が剥げた」とかはネガティブに受け取られますが、

    一部のレザー業界では逆にそれが「かっこいい」「育った」になります。物好きの世界です。

     

    ホーウィンクロムエクセルのフライトウォレット

    内装も「ワルい」仕様。

    ブラック&レッドで決めております。

     

    機能面ではカード入れを一段増設、コインケースにマチを追加しております。

    いずれも、「使う革が増える=財布自体の容量を使う」ので、実際に収納できるお金はやや少なくなる事をご了承ください。

     

    ホーウィンクロムエクセルのフライトウォレット

    タグ(2018年モデルから全てのフライトウォレットに付きます)

     

     

     

    ホーウィンクロムエクセルのフライトウォレットのエアフォースマーク

    コインケースにカード入れ2枚分も増設。

    エアフォースマークはカード入れに。

     

     

     

    ホーウィンクロムエクセルのフライトウォレット

    裏側

    お客様のご希望でレザータグの刻印が通常の「Shin」を付けております。

    (表側にはフライトシリーズの刻印)

     

    いかがだったでしょうか?

    触ると手にオイルが付くほどにオイリーな「クロムエクセル」はワークブーツなどに使われるまさに「アメリカ的」で使い手を選ぶレザーかもしれませんね。

    使い手を選ぶフライトウォレットとの相性もバッチリです^^

     

    最後にこのウォレットのオーナーであるO様、いつもありがとうございます!

     

    それでは今回はこの辺で。

    SHIN代表兼職人の加來でした。

     

     


    ホースハイドのフライトウォレット

    フライトウォレット(ホースハイド仕様)商品ページはこちら

    ※今回ご紹介しました「クロムエクセル」は牛革です