レザーブックカバー/カスタムオーダーコレクション(コミック、四六判、A5)

2018.03.10 Saturday

0

    レザー(革製)ブックカバー(ブッテーロ )

    今回はレザーブックカバーの「カスタムオーダーコレクション」をお送りいたします。

     

    まず、上の画像は通常のサイズ(文庫本)ですが、革を通常のラインナップには無い「ブッテーロ」の黒に変更しております。

     

    そもそもなぜブックカバーのラインナップにブッテーロを入れていないかというと、、、

    ブックカバーを開いて左側が本の厚みにアジャストするために折る部分を変更できるようになっております。

     

    ブッテーロは硬めの革ですので、単純に「折りづらい」というのが理由です。

    (ただ、使っていけばある程度柔らかくなりますので問題は無いっちゃあ無いのですが)

     

    写真を見ただけでも革に張りがあるのがお分かり頂けると思います。

     

    レザー(革製)ブックカバー

    通常のラインナップの「焦げ茶」と並べて見ました。

    どちらも捨てがたい^^

    (黒をご希望の方はカスタムオーダーしてくださいね)

     

    レザー(革製)ブックカバー四六判

    さてお次は「四六判」(左)

    小説の単行本(ハードカバー)に多いサイズです。

    (右は通常の文庫本サイズ)

     

    革はサドルレザー。

    染色されていないヌメ革で、まさに「革」という革です。

     

     

    レザー(革製)ブックカバーA5

    B6コミックサイズ

    革はマレンマの「チョコ」。SHINでは「ディープブラウン」と呼んでおります。

    (ロットにより色のブレが半端じゃ無いので、色が明るい個体は「焦げ茶」、濃い個体は「ディープブラウン」としております。

    とても「同じ色」としては販売できませんので。ちなみにここ数年は「ディープブラウン」オンリーです)

     

    ステッチは赤で、渋いディープブラウンに良いアクセントとなっております。

     

    レザー(革製)ブックカバーコミック版

    A5版

    こちらも革はマレンマのディープブラウン。

    ステッチはブルーをセレクト。

     

    レザー(革製)ブックカバーA5

    黒に近いディープブラウンに鮮やかな「ブルー」。

    いいですね〜^^

     

    ちなみにこの「マレンマ」という革はイタリアのワルピエ社というタンナーが時間をかけて鞣した極上の革です。

    ワルピエ社といえば、最初に紹介いたしました「ブッテーロ」を作っているタンナーとして有名です。

     

    ブッテーロ以上にオイルを入れた革がこの「マレンマ」。

    それによりブッテーロよりも「しっとり感」があります。

    だからブッテーロよりも上質な革、という訳ではありません。(余談ですが仕入れ価格はほぼ同じ)

    オイルが多けりゃ多いほどイイってことではありません。好みの問題です。

     

    トータルバランスとしてはブッテーロの方が上な気がします。

    (だからブッテーロは色々なメーカーで使われているのだと思います)

     

    その点、マレンマは作り手としてはやや「使いずらい」革です。

    オイルがたっぷりなので「接着しずらい」

    「ロットによる色ブレが激しい」(これが一番キツイ)

    「カラバリの少なさ」等々、、、

    正直何度か「マレンマから足を洗うか〜?」と思ったことも(笑)

     

    でもそれ以上の魅力がある革なのですよ。

    使い込んだ時の透明感のある艶とか。

     

    おっと、今回はブックカバー特集でした。

    レザーブックカバーというのは読書の楽しさを「倍増」させるアイテムだと思っております。

    本を読むという楽しさ、それに加えて読めば読むほど革が「育つ」という楽しさがあります。

    電子書籍ではこの楽しさは味わえません。

     

    カスタムオーダーのご相談はお気軽に。

    それでは今回はこの辺で。

    SHIN代表兼職人の加來でした。

     

     


     

     

    革製ブックカバー

    レザーブックカバー商品ページはこちら

     

     

     

     

     

    ミリタリートート、フライトウォレット、キーケース&カスタムハーレー

    2018.03.08 Thursday

    0

      先日、「CLUB HARLEY」(エイ出版)にてフライトウォレットを紹介していただいたということをお知らせいたしました。

      見て頂けました?

       

      「CLUB HARLEY」はそもそもハーレーダビッドソンの雑誌ですので、色々なカスタムハーレーなどが乗っております。

      その中でひときわ僕の目を引くハーレーがあったのです。

      ミリタリーテイストを感じさせるメタリックアーミーグリーン(?)のソフテイルです。

      (僕はミリタリーに弱いので)

       

      バイクはやっぱりこのアングルなんですよ

       

       

      「CLUB HARLEY」にフライトウォレットが載りますよ〜とお知らせした時に、SHINの常連のお客さんから「私のバイクも載ってます」とメールをいただきました。

      「どれですか?」とお尋ねしたところ…

      そうです、なんと例のアーミーグリーンのソフテイルでした!

       

      マジですか!?

      これは是非ブログで紹介したい!ということで

      「バイクの写真送ってください!」という図々しいお願いをいたしました。

       

      そんな図々しいお願いをご快諾いただきましたので、今回紹介させていただいております。

      ですので、上の写真の渋い男性は僕ではありません(笑)

      バイクのオーナーの名古屋市のT様です。

       

       

      カスタムはKEN'S FACTORYに手によるもの。アーミーグリーンとブラックで統一されていてカッコいいです。

       

       

      ちなみに僕も革業界に入るまではバイク屋に勤めていましたので、車よりもバイクの方が思い入れががあります。

      当時は当然バイクに関して情報を集めて(というか仕事柄勝手に入ってきた)のですが、

      最近は自分でバイクに乗る機会がありませんのであまり積極的に雑誌などを読んでませんでした。

      で、たまにバイク雑誌を見ると知らないバイクが山ほどあって「こんなの出てるんだ〜」と驚きます。

       

       

       

      そういえば少し前にyoutubeでホンダが開発中の自立するバイクっていうのを観たのですがあれは凄かった!

      人の後ろからバイクが犬のようについてくるやつ。

       

       

       

       

      話が逸れましたが、ご愛用のミリタリートート、フライトウォレット、ディアスキンキーケースの写真も頂きました。

       

      ミリタリートート

      フライトウォレット、ミリタリートートはかなり味が出てますね。

      使い倒していただいてありがとうございます^^

      T様、いつもありがとうございます!

       

      それでは今回はこの辺で。

      SHIN代表兼職人の加來でした。

       

       

       

       

      コードバンの封筒型名刺入れ/カスタムオーダー

      2018.03.05 Monday

      0

        コードバンの名刺入れ

        コードバンの封筒型名刺入れのカスタムオーダーのご紹介です。

        使用しているコードバンは日本が誇る「新喜皮革」のコードバンをコードバン仕上げで有名な「レーデルオガワ」が仕上げた水染コードバンです。

        かすかに下地が透けて見える「染め」ならではの表情が高級感を醸し出します。

         

        ちなみにこの水染めコードバンの封筒型名刺入れは定番商品として存在しております。

        カスタム内容ですが、まずは上の写真でもわかるように鮮やかな「レッドステッチ」に変更しております。

        (通常は革と同色系のステッチ)

         

         

        フタを開けると・・・

         

        オリジナルロゴマークの刻印!

        このようにオリジナルの刻印の制作も可能です。

        (詳しくはお問い合わせください)

         

        専用の刻印があれば「熱」と「圧力」でマーク入れができますのでクッキり完成度の高いマークが入ります^^

         

         

         

        コードバンの名刺入れ

        中の仕切り革

        これは自分の名刺と受け取った名刺を分けるために入れておく仕切りの革です。

        フリーなので取り出すことができます。

         

        ここにもオリジナルのロゴマークとSHINの刻印、そしてお使いいただく方のニックネームが刻まれています。

        なぜニックネームが刻印されているかと申しますと、実はこの名刺入れはプレゼント用にオーダー頂いたものなのです。

        ※ブログ掲載の許可はいただいております^^

         

        ご友人へのプレゼントで、ただモノを選だけでなくロゴマークやステッチカラーのセレクトなど心の込もった贈り物。

        素晴らしいです!

         

        富山市のY様、いつもありがとうございます!

         

         

        それでは今回はこの辺で。

        SHIN代表兼職人の加來でした。

         

         


         

        コードバンの名刺入れ

        封筒型コードバン名刺入れ商品ページはこちら

         

        ミドルウォレット試作

        2018.03.01 Thursday

        0

          ミドルウォレット試作

          いつだったかブログに書いたかどうか忘れてしまったのですが「ミドルウォレット」を作ろうとしております。

          取り掛かり始めたのはだいぶ前になるのですが、随分時間が経ってしまいました。

           

           

           

          ミドルウォレット試作

          もうそろそろ完成が見えてきましたので、今回は軽くお見せしたいと思います。

           

          その前に、話はちょっと逸れるのですがラウンドファスナーウォレットの「向き」についてなのですが・・・

          一般的にラウンドファスナーウォレットの写真を見ると、ファスナーが付いている側を上にしてあります。

          それがラウンドファスナー業界の常識なのですが、SHINでは敢えてそれに逆らいファスナー側を下にしてあります。

           

          なぜかと申しますと、僕にとってはファスナーが「口」であり、SHINの刻印が「目」なのです。

          そう言われれば「顔」に見えませんか?

          ただの「物」より「顔」がある物の方が愛着が湧きますし、より相棒感が増すと言いましょうか。

           

          人間の本能としても「顔」と認識した場合にそれを好意的にみるというのをどこかで聞いたような(?)気がします。

          ということで、SHINでは「ファスナーが下」なのです。

           

           

          ミドルウォレット試作

          さて、話をミドルウォレットのサンプルに戻します。

          内装は今の所こんな感じですが、多少変わる予定です。

           

          左にカードスロット5段プラスポケット、右にコインケース(中にカード入れもあります)

          それとミドルウォレットの弱点である「札入れが深い」というのを克服するためにガバッと開くようになっております。

           

          まだいつ完成かははっきりと言えませんが、お楽しみにしていてください^^

          話が戻ってすぐなのですが、今回はこの辺で。

           

          SHIN代表兼職人の加來でした。

           

           

           

           

          青いブッテーロのペンケース/カスタムオーダー

          2018.02.25 Sunday

          0

            ブッテーロのペンケース(青)

            ブルーのブッテーロのレザーペンケース(カスタムオーダー)です。

            ブルーのレザーと明るめのファスナー、ステッチがマッチしております。

             

             

             

            ブッテーロのペンケース

            通常版のレザーペンケースはこちら。

            ファスナーの色が違いますね。

            (費用はかかりますが、取り扱っていない色のファスナーでも取り寄せ可能です)

             

             

             

            ペンケースの内装は左にフラップ状の仕切りを追加、ペンホルダーは下の方に移動し取り出しやすさ重視にしてあります。

            レザーはムラ感のある「マレンマ」の赤茶を使用、外装のブッテーロと同じくイタリア/ワルピエ社のレザーです。

            これは通常通りの仕様です。

            (外装と内装のレザー(色)を違うものにするのが個人的に好きですので、SHINの商品は大抵こうなっております)

             

             

            本体の構造変更を伴うカスタムは不可ですが、ポケット追加やペンホルダーの位置移動等のカスタムはできますので、自分好みのペンケースに仕上げることができますよ^^

            カスタムのご相談はお気軽に!

            (メール、お電話にてお待ちしております)

             

            SHIN代表兼職人の加來でした。

            ではまた。

             


             

            レザーペンケース

            レザーペンケースS商品ページはこちら

             

            ハンドメイドのレザートートバッグ「ミリタリートート」/カスタムオーダー

            2018.02.21 Wednesday

            0

              ハンドメイドのレザートート

              丈夫なレザートートバッグ「ミリタリートート」のカスタムオーダーをご紹介いたします。

              ゴツさ、頑丈さが売りの革製トートバッグです。

              レザータグ追加でミリタリー感もアップ。

               

               

               

              革のトートバッグ(ミリタリートート)

              「ヌメ革レザータグ」

              フライトジャケットやフライトウォレットに付いているような「ネームタグ」です。

              今は肌色っぽいですが時間が経つと徐々に色が褐色になっていき、バッグに馴染んできます。

               

               

              ミリタリートートにこのようなネームタグを今回初めて付けましたが、通常は制作工程の中で平面状のときに縫い付けたいところです。

              しかしミリタリートートでは水で濡らしてひっくり返すという工程が入るため、タグに刻印された文字がほとんど消えてしまいます。

              ということで、ひっくり返して乾燥後にネームタグを縫い付けました。

               

              なぜこんな話をしたかというと…

              使っているミシンとバッグの構造上、バッグの上部にしか縫い付けられませんので、ネームタグをご希望の場合にはご了承ください。という事を言いたかったのです。

              (結構無理くり縫い付けております^^;)

               

              革のトートバッグ(ミリタリートート)

              裏側

              こちらには「SHIN刻印」を入れました。

              これも上記の理由でバッグ上部にしか入れることができません。

               

              革のトートバッグ(ミリタリートート)

              「内ポケット」

              コードバンのウォレットを入れるということでしたので、内側にピッグスエードを貼っております。

              Dカンはウォレットロープを付けるためのもの。

              ※実は以前はハンドル取り付け部分の革が厚くなり過ぎるため、ミリタリートートに内ポケを付けることは対応しておりませんでしたが、部分的に革を薄くしたり特長のカシメ等を使うことで対応できるようになりました。

               

               

               

              さて、お客様からご感想もいただいておりますのでご紹介いたします。

              ミリタリートート受け取りました(^O^)めちゃめちゃいいです。

              想像の二倍いい(^^)dガンガン使わせていただきますm(._.)mまたこちらのミリタリートートも経年変化の方、一年おきくらいに定期的に送らせていただきます。

              後女の子受けが想像以上にいいので、女の子が持った写真も送らせていただきます。

              今回もいい作品ありがとうございます(^O^)

              金沢市のH様、いつもありがとうございます!

              またもやミリタリートートが女性受けが良いという情報が!

              ちなみに「女の子が持った写真」は雪かきシーズンが終わったら送っていただけるそうです^^

              楽しみにしております!

               

               

               

              下の写真も送って頂きました。

              入っているウォレットはもちろん「SHIN製」のライダースウォレット。

              こちらもカスタムオーダーで、詳しくは

              「コードバンのライダースウォレット」の記事をご覧ください。

               

              革のトートバッグ(ミリタリートート)

               

              SHINのレザーアイテムを「こうやって使っているよ」という写真、ドシドシお待ちしております!

               

               

              それでは今回はこの辺で。

              SHIN代表兼職人の加來でした。

               

               


              革のトートバッグ(ミリタリートート)

              ミリタリートート商品ページはこちら

               

               

               

              マレンマのレザーペンケース/お客様のご感想

              2018.02.17 Saturday

              0

                マレンマのレザーペンケース

                イタリアのワルピエ社製レザー「マレンマ」を使用したペンケース、

                「レザーペンケースS」のご感想が届きましたのでご紹介します。

                 

                 

                 


                とても楽しみにして待っていましたが、実物を手にした時は、想像以上の質感に何だか触るのが勿体ない様な気分にまでなりました。

                気持ちが喜ぶ一時を久しぶりに感じました。

                本当にありがとうございます。

                早速万年筆を二本入れて眺めて楽しんでおります。

                これから持ち歩いてエイジングを楽しみたいと思っています。

                使ってみた感想なんですが、万年筆を出し入れするときにファスナーに当たらない様、革のベロのようなものがちょっと付いていれば嬉しいなと、思いました。

                 

                千葉市のS様、ありがとうございました!

                 

                ファスナーに当たらない様な「革のベロの様なもの」というご提案、ありがとうございます。

                実は以前にも他のお客様から同様のご提案を頂いたことがありますので、検討してみたいと思います!

                 

                ペンホルダー

                こんな感じで出し入れするときにぺろっと上にめくるようにしようかと思っております。(今のところは)

                 

                 

                それでは、今回はこの辺で。

                SHIN代表兼職人の加來でした。

                 

                 


                 

                マレンマのレザーペンケース

                ペンケースS商品ページはこちら

                 

                 

                ほぼ日5年手帳も入る?/革製ほぼ日手帳カバー

                2018.02.16 Friday

                0

                  5年革製ほぼ日手帳カバー

                  「ほぼ日5年手帳」というほぼ日手帳の5年版が発売されたと、SHIN製ほぼ日手帳カバーをご愛用のお客様から教えていただきました。

                  写真はそのお客様から送っていただいた写真です。

                   

                   

                   

                  5年革製ほぼ日手帳カバー

                   

                   

                   

                   

                  5年革製ほぼ日手帳カバー

                  レザー製ほぼ日手帳カバーのカスタムオーダーでブルーとタンのイタリアンレザーのツートンカラー仕様となっております。

                   

                  ステッチはパープルで、万年筆とステッチの色を合わせるというグッドアイデア^^

                  綺麗なトラ目模様もお客様のご希望です。

                  (SHINのほぼ日手帳カバーはペンホルダーが内側を向いているので大切なペンがカバー内に収納されて傷を防ぎます!)

                   

                   

                  写真ではほぼ日5年手帳が綺麗に収まっているように見えますが、

                  以下のメッセージをいただきましたのでこれからほぼ日5年手帳をご購入予定の方はご参考にしてください。

                   

                   

                  ほぼ日手帳が今年から5年手帳を発売しました。
                  分厚くなって、今のほぼ日手帳カバーでは入らないです。
                  ほしいけどカバーが使えないので見送りか…涙

                  前置きが長くなりましたが、SHIN製ほぼ日カバーは入りましたよ!

                  と言っても、わたしはもともと向かって右半分しかカバーに入れないので右だけですけど、入ります。(ギリギリですけど(^^;))両方はムリでした。
                  他のカバーは右だけ入れるでも横幅が足りないです。

                  SHIN製ほぼ日カバーは他社のものより横幅が広いので、ぴったりです。

                  5年手帳は人気のようで、でもほぼ日の専用カバーくらいしかないので
                  買うか迷っているとかカバー探しているひと多いのでは??と思います。

                   

                   

                  ということです。

                  Y様、いつもありがとうございます!

                   

                   

                  現行のSHIN製ほぼ日手帳カバーでも「片側入れ」で入る様ですが、

                  ほぼ日5年手帳が人気で、しかもカバーがあまり出ていないのであれば…

                  専用のレザーカバーを作りたくなってきました^^

                  (ということで早速ほぼ日5年手帳を注文してしまいました!)

                   

                  少しのサイズ変更でいけると思いますので、手帳が到着したらなるべく早く「革製ほぼ日5年手帳カバー」を発売したいと思います。

                  乞うご期待!

                   

                  SHIN代表兼職人の加來でした。

                   

                   


                   

                   

                  ほぼ日5年手帳公式ページ

                   

                  レザー製ほぼ日手帳カバー

                  レザー製ほぼ日手帳カバー商品ページ

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  頑丈な革のトートバッグ/ミリタリートートのご感想

                  2018.02.15 Thursday

                  0

                    スーパー線維「ベクトラン」を縫製糸に使用し、益々タフになりました「ミリタリートート2018モデル」のご感想が続々と届いております。

                     

                    早速、お客様から頂いたご感想をご紹介いたします!

                     

                    商品届きまして、本日早速使わせていただきました。
                    単刀直入に申し上げると、非常に非常に良いです!
                    デザイン、装飾などにおいても一切の無駄がなく、
                    「素材そのものの良さ」と、「製法の腕」で勝負しているところが伝わってきます。

                    革の堅牢さ、色艶がとてもいい味を出していますね。
                    トートの中身も物が沢山入り、とても重宝します。
                    そして、沢山入れても、革の堅牢さのおかげで歪みなど一切ありません。

                    ちなみに、今日入れたものは、
                    「ノートPC(surface pro4)、iphone6、ipad mini、長財布、ご銭入れ、アダプター入れの小さなバッグ、筆箱、マフラー、手袋」

                    ですが、これだけ入れてもトートはビクともしませんでした。とてもいい感じです。

                    本当に良い買い物をさせていただきました。
                    心を込めて作っていただき、ありがとうございました。
                    5年、10年と長く大切に使わせていただきます。

                    旭川市のT様、ありがとうございました!

                     

                     

                     

                    革のトートバッグ

                     

                    ミリタリートートのこのガッチリ感は、革の厚みによるものが大きいです。

                    厚くて硬いので、水で濡らして柔らかくしてからひっくり返します。

                    制作の流れを軽くご紹介いたします^^

                     

                    革のトートバッグ

                    数日乾燥後、上部の縁と持ち手を取り付けます。

                    水で濡らすと多少オイルが抜けるので、抜けた分以上のオイルを補充!

                     

                    革のトートバッグ

                    オイル補充直後はこのようになります。

                    まるで焼きたてのパンのようです^^

                     

                    2、3日かけて表面に乗ったオイルが革の内部に浸透していきます。

                    そして一番最初の写真のような姿になるのです。

                     

                     

                    今回はこの辺で。

                    まだまだご感想をいただいておりますので、随時ご紹介させていただきます。

                     

                    SHIN代表兼職人の加來でした。

                     

                     

                    革のトートバッグ(ミリタリートート)

                    ミリタリートート商品ページはこちら

                    ホースハイド&コードバンのフライトウォレット/CLUB HARLEY(クラブハーレー)に掲載

                    2018.02.14 Wednesday

                    0

                      フライトウォレット

                      ホースハイド(馬革)とコードバンの「フライトウォレットtype A2」を、

                      本日発売のエイ出版発行のバイク雑誌『CLUB HARLEY』で紹介していただきました。

                       

                      フライトウォレット

                      「ハーレーによく似合う最新ウォレット大図鑑」という特集です。

                      フライトジャケットの「A2」がハーレーに似合うように、フライトウォレットももちろん似合います^^

                       

                      ということで、よろしければ見てみてください。

                       

                      今回は手短に、雑誌掲載のお知らせでした。

                       

                       

                      フライトウォレット

                      フライトウォレットシリーズはこちら