【年末年始のお知らせ】

2018.12.26 Wednesday

0

     

    A2

    【年末年始のお知らせ】

     

    12/29〜1/6までは年末年始の休業のため、出荷作業ができません。

     

    ご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願いいたします。

     

    SHIN代表兼職人 加來

     

    クロムエクセルのフライトウォレット /カスタムオーダー

    2018.12.25 Tuesday

    0

      クロムエクセルの財布(フライトウォレット )

      【クロムエクセルの長財布/フライトウォレットのカスタムオーダー】

       

       

      今回ご紹介いたしますのは先日納品いたしましたフライトウォレットのカスタムオーダーです。

      通常ラインナップには無いクロムエクセルをセレクト。

      クロムエクセルのバーガンディは深みがあり実に良い色です。

       

      クロムエクセルの財布(フライトウォレット )

      全体像。

      フライトウォレットは「キング・オブ・フライトジャケット」の「A2」をモチーフにしております。

      フライトジャケットではアメリカ空軍で採用されていたMA-1などが有名ですが、言ってみればA2はその祖先。

      まだナイロンなど存在しなかった時代の馬革のジャケットです。

      詳しくは過去記事「フライトウォレットtype A2とは」をご覧ください

       

       

       

      クロムエクセルの財布(フライトウォレット )

      裏側

       

       

       

      クロムエクセルの財布(フライトウォレット )

      内装はタンカラー。

      構造は通常のラウンドファスナーウォレットと同じです。

       

       

       

      クロムエクセルの財布(フライトウォレット )

      SHINオリジナルA2タグ

       

       

       

      クロムエクセルの財布(フライトウォレット )

      タグの反対側には「AAF(陸軍航空軍)」刻印

      フライトウォレットはこの様なディティールも重要です。

      もちろんファスナーは「TALON(タロン)」です。

       

       

      さて、お客様からご感想が届きましたのでご紹介いたします。

       

      お世話になります。

      今回、クロムエクセルレザー仕様のフライトウォレットを注文させて頂きましたSです。

      今日無事に届きました。

      本当にありがとうございます!

      今回初めて注文させてもらい、革をクロムエクセルレザーでお願いをしましたが、
      私自身schottのジャケットを愛用しており、6103usというクロムエクセルレザー『バーガンディ』を仕様したジャケットを持っているので、それに合うかと思い、今回注文させてもらいました。

      届いて見た瞬間に思いました…
      完璧です!

      特に匂いがたまりませんでした。笑

      フライトウォレット以外でも気になる商品が沢山あるので今後もどこかでお願いするかもしれませんが、今後ともよろしくお願いいたします!

       

      直方市のS様、ありがとうございました!

      schottの6103usというジャケット、かなりカッコいいです。

      同じクロムエクセルなので、合うと思います^^

       

       

      それでは今回はこの辺で。

      SHIN代表兼職人の加來でした。

       

       


      フライトウォレット 商品ページはこちら

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      クロコダイルのミンティアケース/お客様のご感想

      2018.12.24 Monday

      0

        クロコダイルのミンティアケース

        【リアルクロコダイルのミンティアケース】

         

        今回ご紹介いたしますのは先日納品いたしましたクロコダイルのミンティアケースです。

         

        半艶ブラックのクロコダイルですので、テカテカツヤツヤのクロコダイルよりも落ち着いた雰囲気です。

        また、使い込めば良い感じの艶が出てくるので育てる楽しみがあります。

         

         

        クロコダイルのミンティアケース

        使用例(商品ページより)

        木型を使って成型していますので、このようにジャストサイズで作られております。

         

         

        通常のミンティアケースは一枚革を2枚縫い合わせて作っておりますが、クロコの場合はクロコだけですと柔らかくて薄いので裏側にブッテーロ(イタリア/ワルピエ社製の牛革)を貼り合わせております。

        そのため、かなりガッチリとした作りになっております。

         

        クロコダイルのミンティアケース

        型押しではない本物のクロコダイルのため、模様も様々。

         

         

        それではお客様のご感想をご紹介します。

         

        本日、クロコダイルのミンティアケース受け取りました。現物を見て、shinさんのミンティアケースにして良かったと、直ぐに感じました。小物でも、せっかく革製品を携帯するなら、満足感が欲しいと思い、コードバンと迷いましたが、クロコダイルにして正解でした。
        今後もHPはチェックしていきます。
        ありがとうございました。

        岡谷市のY様、ありがとうございました!

         

         

         

         

         

         

        それでは今回はこの辺で。

        SHIN代表兼職人の加來でした。

         

         


         

        リアルクロコダイルミンティアケースの商品ページはこちら

         

         

        ショルダーバッグ、キーケース、コインケース/お客様のご感想

        2018.12.23 Sunday

        0
          レザーショルダーバッグ
          【レザーショルダーバッグ、スリムコインケース、ディアスキンキーケース、ウォレットスリーブ】
          今回は先日納品いたしましたショルダーバッグ等々のご紹介です。

           

          まずはショルダーバッグ。

           

          こちらは「オールレザーバージョン」で、ショルダーストラップや内装に至るまで全て革で作られております。

           

          レザーショルダーバッグ

           

          レザーショルダーバッグMは底が広く、小型であってもそこそこの収納力があります。
          一枚革のフラップはギボシ留めストラップによって個性的な顔立ちとなっております。

           

          レザーショルダーバッグ

           

          強度を求められるショルダーストラップの金具には大きめの真鍮金具を使用。

           

          レザーショルダーバッグ

           

          フラップを開けるとファスナーが付いております。
          銘柄はTALON。

           

          レザーショルダーバッグ

           

           

          内装はピッグスエードでポケットが一つ付いております。

           

           

           

           

           

           

          マレンマのスリムコインケース

           

          ディアスキンキーケース/カスタムオーダー

          金具を全て真鍮に変更。

          ファスナーもカラー変更しております。

          写真撮り忘れましたが中のキーリング等も真鍮に変更しております。

          ちなみに金具を真鍮にするだけで、結構価格が上がりますのでご了承ください。

           

           

          鹿革のキーケース

          スリムコインケース×2

          赤茶のマレンマ(通常ラインナップ)のスリムコインケースを2つご注文いただきました。

           

          ウォレット保護ケース(ウォレットスリーブ)

          ウォレットスリーブ

          以前にウォレットもご購入いただいておりますので、ウォレットスリーブも合わせてご購入いただきました。

           

           

           

          さて、お客様からご感想をいただきましたのでご紹介いたします。

           

          本日、無事に商品が届きました。
          どれもクオリティーが高く、想像以上の出来に感激しております。
          早速使い始めて、早く自分の色になるように、ガンガン使い回したいと思います。
          まだまだ欲しい商品があるので、随時注文したいと思います。
          本当に😆💕✨ございました。

          朝霞市のH様、いつもありがとうございます!

           

           

          それでは今回はこの辺で。

          SHIN代表兼職人の加來でした。

           


           

          レザーショルダーバッグ/オールレザー商品ページはこちら

           

           

          ウォレット(財布)保護ケース

          ブッテーロの革小物/ペンケース、靴べら

          2018.12.21 Friday

          0

            ブッテーロの革小物

            【ブッテーロの革小物/ペンケース、靴ベラ】

             

            今回ご紹介いたしますのは、先日納品いたしましたペンケースMとレザーカバー付き真鍮製靴べらです。

             

             

             

            青い革(ブッテーロ)のペンケース

            レザーペンケースM

            余談ですが、これはSHINのペンケースの中で大きいサイズなので「Lサイズ」としても良かったのですが、いつかこれより大きいサイズを作ろうと思ったのでこれは「Mサイズ」としました。

            (案の定いつまで経ってもLサイズは生まれず...)

             

            外装はイタリア/ワルピエ社のタンニン鞣し革「ブッテーロ」のブルー。

            良い色です^^

             

             

             

            革カバー付き真鍮製靴べら

            内装

            ペンホルダー2つ付きますが、無しでの制作も可能。

            内装の革は同じくワルピエ社の「マレンマ」という革です。

            赤茶色ですが、現在のロットはやや色が写真のものより濃いめです。

             

             

             

            革カバー付き真鍮製靴べら

            レザーカバー付き真鍮製靴べら/ブルー

             

             

             

             

            革カバー付き靴べら

            レザーカバー付き真鍮製靴べら/ブラック

             

             

             

            革カバー付き靴べら

            真鍮製靴べらはこのようにスライドさせて使います。

             

             

            さて、お客様からご感想をいただきましたのでご紹介します。

             

            お世話になります。先日シューホーンとペンケースを注文したYと申します。
            商品は土曜日に確かに受け取りました。(ヤマトさんの都合で7時過ぎにはなりましたが、年末なので物流も忙しく仕方のないことだと思います。)
            素晴らしいですね。ペンケースは内装も革でブッテーロのブルーが経年変化して、良い味のあるブルーになると思うとワクワクします。
            ネットで見た時は、ダブルステッチがオシャレだなと思ったのですが、これは内装の革を縫うためだったのですね。ゴールドのエバーブライトも滑らかでいいですね。大満足です。ありがとうございました。
            今回の3点は全てプレゼント用なので、次回は自分用に注文したいと思います。その時はよろしくお願いします。

            さいたま市のY様、ありがとうございました!

            プレゼントにお選び頂き、光栄でございます。

             

             

            ※Y様も触れているように、年末の物流はかなり混み合いますので予定より遅くなる場合がございます。

            ご了承ください。

             

             

            それでは今回はこの辺で。

             SHIN代表兼職人の加來でした。

             

             


             

             

            レザーペンケースMの商品ページはこちら

             

             

             

            レザーカバー付き真鍮製靴べらの商品ページはこちら

             

             

             

             

            コードバンのラウンドファスナーウォレットLTDと封筒型名刺入れ

            2018.12.18 Tuesday

            0

              水染めコードバンのラウンドファスナーウォレット

               

              【コードバンのラウンドファスナーウォレットLTDと封筒型名刺入れ】

               

              今回ご紹介いたしますのは先日納品いたしましたラウンドファスナーウォレットLTDと封筒型名刺入れです。

              両方とも日本が誇るタンナー「新喜皮革」のコードバンです。

              この高級感のある「艶」、「ムラ感」。

              コードバンを使った商品は一般的にはスマートで上品な感じに仕上げてきますが、このラウンドファスナーウォレットLTDは「重厚感」を重視しております。

              最近は「薄くて軽い」が流行ですが、レザー製品には「信頼できそうな重さ」というのが欲しいです、個人的には。

               

               

              コードバンは一枚一枚、状態や厚みが違うので慎重に選びます。

              耐久性を考えて厚めのものを選びます。

               

               

               

               

              水染めコードバンのラウンドファスナーwぼ

              まずはラウンドファスナーウォレットLTDです。

              コードバンに合わせるのはTALONファスナー。

              古着好きの方には有名なメーカーですね。

              ファスナーテープが一般的なポリエステル製ではなく、綿製です。

              耐久性ではポリエステルに軍配が上がりますが、レザーとの相性バッチリ。

               

               

               

              内装

               

              真ん中にコインケースが配置された一般的なスタイルです。

              全て革で作られています。

               

               

              内装はダークブラウンのイタリアンレザーです。

              こちらは牛革の「ダブルバット」という部位を使用。

              お尻から背中にかけての繊維が詰まった丈夫な部位です。

               

               

              水染めコードバンのラウンドファスナーウォレット

              こちらは封筒型名刺入れです。

              同じく新喜皮革のコードバンを使用。

              色は同じですが、ロットの差により若干前述のラウンドファスナーウォレットLTDよりも濃いめですね。

               

               

               

               

               

              水染めコードバンのラウンドファスナーウォレット

              中は明るい色の革を貼っております。

              革のカードが付属しますので、名刺入れ内の仕切りとしてお使いください。

               

              ※申し訳ございませんが、現在このコードバン封筒型名刺入れは欠品中です。

               

               

               

               

              シンガーの足踏みミシン

              SHINの製品は全てこの1931年製のSINGERの足踏みミシンで制作されております。

              古いですが、構造がシンプルなのでまだまだ現役!

               

               

               

               

              シンガーの足踏みミシン

              こんな感じでいつも作っております^^

               

               

              それでは今回はこの辺で。

              SHIN代表兼職人の加來でした。

               


              ラウンドファスナーウォレットLTD商品ページはこちら

               

              赤いプルアップレザーのキーケース/カスタムオーダー

              2018.12.16 Sunday

              0

                赤い革のキーケース

                【赤いプルアップレザーのキーケース/カスタムオーダー】

                 

                今回は先日納品いたしましたキーケースのカスタムオーダーをご紹介いたします。

                レザーは標準ラインナップにもある「赤」。

                イタリア/テンペスティ社の「イビザ」というプルアップレザーです。

                 


                イビザの特徴としてましては

                • やや柔らかめ
                • ツヤ有り
                • 厚め(約2mm)
                • プルアップ(曲げたところの色が薄くなる)
                • オイルを豊富に含んでいる

                といったところでしょうか。

                 

                 

                赤い革のキーケース

                金具を真鍮メッキ、Dカンを装着。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                赤い革のキーケース

                実は今回のこのキーケースはサイズ変更をしております。

                左がMサイズ(革はクロムエクセル)、真ん中が今回のカスタムオーダー品、右がSサイズです。

                右のものは僕が手荒に使っているもので、革は今回ご紹介のオーダー品と同じイビザの赤です。

                だいぶ色が変化してきました。

                 

                車のスマートキーを収納しつつもコンパクトさを残したいというご希望でしたので、結果的にはSとMの中間くらいの大きさになりました。

                 

                お客様からご感想もいただきましたので、ご紹介します。

                 

                この度はキーケースを作っていただきありがとうございました。
                Dカンを出してもそれほど外にはみ出ず、そのままポケットに入れられるのは気に入りました。気分によってぶら下げたりポケットに入れたり出来るので嬉しいです。
                鮮やかな赤色と革の厚みがあるので、ぶら下げたときの存在感がありますね。ワンポイントのオシャレとしても使えそうです。サイズは車のスマートキーは入りました。ただ車のスマートキーは取り付け部分が太いので、キーケースの金具だと入らないことはないですが狭かったです。なのでちょっと自分で広げることで対応出来ました。
                この革は色はもちろん厚みがあって柔らかさもあり、握ったときの質感もイイので良い感じです。shinの商品はどれも質感が良いですね。つい触りたくなります。

                三重郡のK様、いつもありがとうございます!

                 

                それでは今回はこの辺で。

                SHIN代表兼職人の加來でした。

                 


                 

                キーケースS商品ページはこちら

                 

                 

                 

                ラウンドファスナーミドルウォレット/お客様のご感想

                2018.12.14 Friday

                0
                  黒いブッテーロのラウンドファスナーミドルウォレット
                  【ラウンドファスナーミドルウォレット/お客様のご感想】

                   

                  先日納品いたしましたラウンドファスナーミドルウォレットのご感想が届きましたのでご紹介いたします。

                   

                  写真でもお分かりのようにウォレットロープセットです。
                  ウォレットロープセットですと接続用のDカンが無料で付きます。
                  (ウォレット単品には1080円で取り付け可能)

                   

                   

                  黒いブッテーロのラウンドファスナーミドルウォレット

                   

                   

                   

                  内装はタンカラー。

                  外装、内装のコントラストが個人的にも気に入っております^^

                   

                   

                  さて、お客様からのご感想をご紹介いたします。

                   

                  商品届きました。
                  想像していたよりかなり革の厚みがあり重厚な作りに驚きました。
                  オートバイに乗る時に使おうと考えているのでこのくらい丈夫な方が安心出来ます。
                  サイズ感もちょうど良くとても気に入りました。

                  北葛飾郡のT様、ありがとうございました!

                  オートバイに乗るときには、ケツポケからの飛び出しも少ないミドルウォレットはサイズ的にも良いかもしれませんね^^

                   

                  T様は埼玉県北葛飾郡でオートバイ店を経営されておりますので、バイク好きの方、是非チェックしてください^^

                   

                   

                   

                  タロウモータース

                  〒345-0024
                  埼玉県北葛飾郡杉戸町堤根2521-3

                  website   https://taro-motors.com/
                  blog  http://taro-motors.com/blog/

                   

                   

                  迫力の動画も!! 必見です!!

                   

                   

                  それでは今回はこの辺で。

                  SHIN代表兼職人の加來でした。

                   


                   

                  ラウンドファスナーミドルウォレット商品ページはこちら

                   

                  革の特徴から探す「好みの革」

                  2018.12.13 Thursday

                  0

                     

                    この度、「革の特徴から探す好みの革」という情報ページをオンラインショップのスマートフォン版に作りましたのでご紹介します。

                    革の銘柄から、「これはこういう革」という説明はあったのですが、

                    「硬い革がいい!」とか「艶がある革がいい!」とか「シボがある革は?」という風に「逆引き的」に調べられるページも必要かなと思いまして作りました。

                    そのページはこちら「革の特徴から探す好みの革」

                    (パソコンでも見られます)

                    是非ご覧ください。

                     

                     

                    ちなみに以下の「簡単な革の説明」はその情報ページに1000文字以上はアップできないため、泣く泣く削除したもの。

                    (上記ページの中の「革の詳細説明」のリンクには以下の説明より詳しく書いてあるページに飛べるので、いらないと言えばいらないのですが、折角書いたので...)

                     

                    【簡単な革の説明】

                     

                     

                     

                    ブッテーロ

                    イタリア/ワルピエ社製の植物タンニン鞣しの牛革。

                    「ヌメ革の王様」の異名をとる有名な銘柄。

                    硬めで張りが有り、初めは半艶状態であるが使い込んでいくと「透明感のある艶」が出てくる。

                    イタリアならではの発色の良さも売り。

                     

                     

                    マレンマ

                    ブッテーロと同じくイタリア/ワルピエ社製の植物タンニン鞣しの牛革。

                    ブッテーロに似ているが、より多くオイルを含んでいる。

                    「プルアップ」という特徴があり、革を曲げたり圧力をかけると内部に含まれたオイルが移動し、その部分の色が薄くなる。

                    これにより濃淡のグラデーションが生まれ、深みのある表情になる。

                    引っ掻き傷などは付きやすい革であるが、使い込むことで傷も馴染み、味になる。

                    ブッテーロと同様に半艶から使い込むと透明感のある艶が出てくる。

                     

                    アリゾナ

                     

                    イタリア/ブレターニャ社製の植物タンニン鞣しの牛革。

                    自然なシボ(細かいシワ)が特徴の革。

                    比較的ソフトな風合いで傷も目立たず、経年変化も期待できる完成度の高い革。

                     

                     

                    クロムエクセル

                    アメリカ/ホーウィン社製のコンビネーション鞣しの牛革。

                    ワークブーツ等に使われる分厚くタフな革。

                    オイルが過剰とも言えるほど含まれており、触ると手にオイルが付くほど。

                    そのため多少の水なら弾いてしまう。

                    柔らかめの革なので、SHINでは分厚いまま使用している。

                    経年変化は「ワイルド」な仕上がりになる。

                     

                     

                    リオ

                    イタリア/モンタナ社製の植物タンニン鞣しの牛革。

                    「ダブルバット」というお尻の部分から採った革で、繊維が詰まっていて丈夫である。

                    まさに「スタンダード」な革であり、SHINでは財布の内装などにもよく使っている。

                     

                    コードバン

                    馬のお尻の革。

                    コードバン層という革の内部の繊維が一番詰まった「層」を削り出し磨き上げた革。

                    「革のダイヤモンド」と呼ばれ、美しさ、耐久性などがトップクラスの革。

                    原皮が希少でしかも生産に手間が掛かるので、世界でも数社しか作れない。

                    日本が誇る「新喜皮革」製のコードバンである。

                    日本製ならではのクオリティを感じることができる。

                    艶があり、硬めの質感。

                     

                     

                    シェルコードバン

                    上記と同じコードバンであるが、こちらはアメリカ/ホーウィン社が作るコードバン。

                    世界の一流メーカーが採用するコードバンの「ブランド」。

                    希少性、輸入コスト、ブランド価値から最も高級な革の一つ。

                    (爬虫類など特殊なレザーを除く)

                    日本のコードバンに比べて表面は「毛穴」「小傷」「色ムラ」等、ややワイルドな質感。

                    上品とワイルドが同居する「メイドインアメリカ」のコードバン。

                     

                     

                    サドルレザー

                    所謂「ヌメ革」である。

                    日本の「昭南レザー」製の植物タンニン鞣しの牛革で、無染色で革本来の色(肌色に近い)。

                    言ってみれば「スッピン」のため、表面の傷やシミ等がそのまま残っている。

                    また、水シミや汚れも付きやすくデリケートな革だが使い込んでいくと「劇的」に変化する。

                    色は飴色になり、艶が出てくる。

                    経年変化はワイルドな仕上がりになる。

                    ある意味では上級者向けの革と言えよう。

                     

                    ホースハイド

                    国産の植物タンニン鞣しの「馬革」。

                    馬革は牛革に比べると圧倒的に出回る数が少ない希少性のある革である。

                    牛肉と馬肉を食べる割合を考えてもお分かりだろう。

                    (革は食肉の副産物)

                    荒々しいシワが入った馬革は傷が目立ちにくくワイルドな印象。

                    革好きの中では「馬革」というだけで一目置かれる存在である。

                     

                    イビザ

                    イタリア/テンペスティ社製の植物タンニン鞣しの牛革。

                    オイルを豊富に含んだ「プルアップレザー」で、曲げたところの色が薄くなる特徴を持つ。

                    初めから艶があり、経年変化も非常に期待できる革。

                    SHINでは「赤」しか取り扱っていない。

                    「赤」のイビザは非常に美しく、使い込んでいくと「深みのある」赤に変化する。

                    ブッテーロよりはソフトであるが、厚みもありボリューム感も魅力。

                     

                     

                     

                    それでは今回はこの辺で。

                    SHIN代表兼職人の加來でした。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    ミシンの跡?

                    2018.12.10 Monday

                    0

                      クロムエクセルのキーケース

                      【ミシンの跡?】

                       

                      今回は「ミシンの跡?」というお題でお話しいたします。

                       

                      先日クロムエクセルのキーケースをご購入いただいたお客様からご質問をいただきました。

                      ステッチの横の「線」に関して、これは何か?という趣旨のご質問です。

                       

                      上の写真を見てお分かりのようにステッチと並行して線がありますね。

                      これは題名の通り「ミシンの跡」なのです。

                       

                      SHINの商品はこのSINGER17という足踏みミシンで縫製されております。

                       

                       

                       

                      シンガーの足踏みミシン

                       

                      シンガーの足踏みミシン

                      さてこのミシンの跡というのは、厳密に言えばミシンの「押さえ」の跡ということになります。

                      このローラー状の押さえが通った跡です。

                       

                      ちなみにこの写真のまま縫いますとローラーの網目状の跡が革に付きます。

                      あえてこの網目状の跡を残すと実はいい感じの「模様」がステッチの横に付くのですが、好みが分かれるのでSHINではローラーに薄い生地を貼って模様を消しています。

                       

                      クロムエクセルのキーケース

                      もう一度見てみましょう。

                      • 革が柔らかい
                      • 分厚い

                      という二つの条件が揃うと最もこの「跡」が付きやすくなります。

                      以上の条件によりクロムエクセルは跡が付きやすい革なのです。

                       

                       

                       

                      そして縫った裏側はどうなっているかというと…

                       

                       

                       

                       

                       

                      クロムエクセルのキーケース

                      表面よりすごい「跡」。

                      こちらもお客様からご質問を頂きました。

                       

                       

                       

                      足踏みミシン シンガー

                      跡の犯人はこの「送り」。

                      この「送り」が前後に動くことで革が送られて縫製されていきます。

                       

                      これでも多少この「送り」を削って跡をマイルドにしています。

                      本来はもっと尖っていますので、写真の四角の跡では無く、鋭い線状の跡が付きます。

                       

                       

                      この系統のミシンを使っている方の中には、なんとかこの「跡」を消そうと頑張っている方がいらっしゃいますが、僕は「これはこれで味があっていいのではないか?」

                      という結論に達しています。

                       

                      僕は「ざっくり感」というのが好きでして、日本製の丁寧に作られたものはもちろん良いですが、例えばアメリカ製の大雑把(ざっくり)に作られたものも好きなのです。

                      SHINの商品の中では「ミリタリートート」などがそのメイド・イン・アメリカ的カテゴリーです。

                      言い訳に聞こえるかもしれませんが、このようなものは「ひと針ひと針丁寧に…」という作り方ではなく、ある程度「勢いで作る」というのが必要だと思っております。

                      (もちろんワザと雑に作ってはいませんが、財布などと比べると縫製がやや「ラフ」な感じを受けるかと思います)

                       

                       

                      話を戻します。

                      今回のお題のような製造上やむなく付いてしまう跡などは僕にとっては当たり前になっており、あまり気にしていませんでした。

                      しかし初めて見るお客様にとっては「不良品?」と思う方もいらっしゃるということで、HP等でももっと説明していかなければ!と思いました。

                      ご質問ありがとうございました。

                       

                       

                      何かご不明な点などがありましたらなんでもご質問ください!

                      よろしくお願いいたします。

                       

                      それでは今回はこの辺で。

                      SHIN代表兼職人の加來でした。