革の色移りに関してのお話

2017.09.22 Friday

0

    シェルコードバン色落ち

    ハンドメイドの革製品を製造販売しております【SHIN】代表兼職人の加來(かく)です。

     

     

    今回は革の「色移り」に関してのお話。

    革は風合い重視になればなるほど「薄化粧」になり、均一性重視になると「厚化粧」になります。

     

     

    「薄化粧」というのは、革の表面(銀面と呼びます)に顔料、ラッカーなどを塗らずにまさに「スッピン」状態の革です。

    完全にスッピンなのは染色もしていない「サドルレザー(ヌメ)」なのですが、

    染料で染色していても銀面に前述のコーティング等を施していないものも含めて「素上げ(すあげ)」と呼ばれています。

     

    で、色移りしやすいのはこの「素上げ」の革であり、色移りしにくいのは「厚化粧」の革なのです。

    革の自然な風合いと色移りのし難さ(染色堅ろう性)を両立させるのは難しく、

    染色堅ろう性を高めればコーティングが厚くなりますので、極端に言えば表面の質感は革というよりはウレタンなどのそれになります。

     


    さて、前置きはこのくらいにしまして

    どれくらい色移りするかを試してみました。

     

    革の色落ちテストこれは泣く子も黙るアメリカ/ホーウィン社の「シェルコードバン」です。

    今までの経験上、色落ちしやすい革の部類に入ります。
     

    布で乾拭きしてみました。

    結構強めに擦っております。

     

     

    すると…
     

    こんな感じになりました。

    色が移ってますね〜。

     


     

    続いては

     

    イタリア/ワルピエ社の「ブッテーロ」のブルー。

     

    これは意外にも殆ど色が移っていません。

    これも結構な強さでこすりました。

     

    革の色落ちテストしかし、コバをこすってみると…
     

    革の色落ちテスト簡単に色移りしました。

     

    銀面よりも、コバや裏側(床面といいます)の方が色移りしやすいということが分かります。

    例えば1枚革のベルト等は特に色移りし易いのです。

    床面が常にズボンに触れ、しかも汗をかくので。

     


     

    革の色落ちテストちなみに磨き剤でこのようにコバを磨いてみると…

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    革の色落ちテストあまり色移りしなくなりました。

     

    SHINの商品のほとんどはコバを磨いているのでご安心ください。


     

    革から他の素材への色移りを話してまいりましたが、実は逆のパターンもあります。

    他の素材から革への色移りです。

    このパターンも同様にやはり素上げの革の方が「移られ」易いです。

    特に白い革やサドルレザーなどの色の薄い革は要注意。

    例えばお尻のポケットに入れておくとジーンズのインディゴブルーが財布に移ることはよくあります。

    (それも味!)

     


     

    【まとめ】

    あくまでもSHINで使用している革に関してしか言えませんが、

    実際使っていて色移りで困るということはあまり無いのでそこまで神経質になることはないと思います。

    (色移りのクレーム等は過去一度も連絡を受けておりません)

    ただ、念のため”高級な”白い服やズボン等と濃いめの色の革製品を合わせて使う場合にはお気を付けください。

     

    とは言え、やはり「素上げ」の革の魅力はその「色移りし易さ」というデメリットを補って余り有ると思いますよ。

    今回はこの辺で。

     


    SHINオンラインショップはこちら