レザーマンケースM & ハンドルバンド/お客様のご感想

2019.12.02 Monday

0

    【レザーマンケース&ハンドルバンド/お客様のご感想】

     

    今回ご紹介しますのは先日納品致しましたレザーマンケースMとハンドルバンドです。

    お客様からご感想をいただきましたので、後ほどご紹介します。

     

    レザーマンケース(ウェーブ、チャージ)革製

    レザーマンケースM(赤茶)

     

    レザーマンのフルサイズモデル(ウェーブ、チャージ等)が収納可能なレザーケース。

    このレザーマンケースMサイズはレザーマン本体のみ収納できるタイプです。

    本体しか持ち歩かない、できるだけコンパクトにしたいという方は、こちらのケースがおすすめです。

     

    ※先日ご紹介しました、レザーマン本体とビットキット等のオプションが収納できるタイプはこちらをご覧ください。

     

     

    レザーマンケース(ウェーブ、チャージ)革製

    裏側

     

    カラビナ等で提げられるDカンと、ベルトループがついております。

    レザーマンは引き出しの奥にしまっていては本領発揮できませんので、ケースに入れて持ち歩くのがベスト。

    (レザーマンは理由なく持ち歩くと銃刀法に触れる場合がございますのでご注意ください)

     

     

    レザーマンケース(ウェーブ、チャージ)革製

    こちらは一緒にご購入いただいたハンドルバンド。

    先般、ミリタリートートをご購入いただいておりましたので、それ用のハンドルバンドです。

     

     

     

    ハンドルバンドはこのように、ミリタリートートやミニトートの持ち手を留めるために使用します。

     

     

    さて、お客様からいただいたご感想をご紹介します。

    注文しておりました、レザーマンのケースとミリタリートートのハンドルバンドが到着しました。
    レザーマンケースはチョットかっこよすぎてフィールドで使うには勿体ない感じです。

    ハンドルバンドはトートバックがシンプルなのでワンポイントがついてこれもまたかっこいい。
    名札とかタグとかあればなおいいと思います。

     

    中野区のR様、いつもありがとうございます!

    名札、タグなど、ちょっと考えてみます!

     


    レザーマンケースM商品ページはこちら

     

     

    ハンドルバンド商品ページはこちら

     

     

     

     

     

    エイジングサンプル(修理品)と「馬と暮らし学舎」の話

    2019.11.30 Saturday

    0
      ブッテーロの財布のエイジング(修理品)
      【エイジングサンプル(修理品)】
      写真はラウンドファスナーウォレットTLNの修理時に撮影させていただいたものです。
      実は修理前の写真を撮っておいたはずが...すみません、見当たらないので修理済みの写真のみです^^;

       

      外装の革はイタリア/ワルピエ社の「ブッテーロ 」のブラックで元々は半艶の革ですが、使っていくとこのように艶が出てきます。

       

       

      カスタムオーダーの赤いステッチが効いております。

       

       

      ちなみにSHIN立ち上げ間もなく買っていただいたものですので、かれこれ7年以上ご愛用いただいていると思います。

       

      バッグに入れて使っているとのことで、形崩れもなくとてもきれいです^^

       

      ブッテーロの財布のエイジング(修理品)

       

      内装は赤。
      外装の黒と赤いステッチ、内装そしてベージュのファスナーが良い調和を生んでいると思います。

       

      ブッテーロ 長財布

      ブッテーロの長財布

      こちらが納品当時の写真!送っていただきました^^

       

      川口市の星様、いつもご愛用ありがとうございます!

       

       

       


      【馬と暮らし学舎】

       

      さて先日、埼玉県比企郡滑川町にある「馬と暮らし学舎」という牧場に家族で行ってまいりました。

      牧場といいましても、主に「ホースセラピー」等の馬と触れ合うことが目的の施設です。

       

       

       

      馬さん達との触れ合いの前に代表の小森夏子さんから、説明を受けます。

      馬と仲良くなる方法、してはいけない事等を教わります。

      (実は小森さんは僕の奥さんの学生時代のお友達なのです)

       

       

      その中でこんなことを教わりました。

      馬は草食動物で自らを守る武器を持たないので、常に危険がないか警戒しています。

      肉食動物はまず「目」でじっと睨み、最短距離で襲いかかってくるのですが、馬に近づく際にそのような動きを人間が取ってしまうと警戒されてしまうとのことです。

      つまり目を合わせて直線的に馬に近づくのではなく、フラフラ〜っと目を合わせずに近づくと馬も警戒しないようです。

      「なるほど〜」と思いました。

      (もしかしたら人間に対しても有効なのかもしれませんね。服屋の店員さんとか、フラフラ〜っと寄ってきますから。ギラつきながら一直線に来られると「買わされる!」と思います。)

       

       

       

       

      お馬さん達とご対面。

      2頭ともあまり大きくなく、ちゃんと調教されているので恐れることはありません。

       

       

       

      馬場に連れて行きお散歩。

      当日は雨で、足元がグシャグシャですがゴアテックス搭載のダナーのブーツを履いて行ったので大丈夫でした。

      (こういう時に普通の長靴ではなく、嬉々としてこういう防水のブーツを履いていくのが我々物好きの特徴です。そしてわざと水溜りにに踏み込むのです)

       

      ちなみにこれ。

      米軍放出品のDannar Temparate

      コンバットブーツなのですが、実際に履いてズボンの裾に隠れると普通のダナーライトっぽくてコンバット感がかなり薄れます。

       

       

      ダナー( temparate

      ほら〜!

      これなら街ばきも行けそうでしょう。

      これがまた相場が結構安いのでダナー好きの方にはおすすめです。

       

       

       

      話がそれましたが...

      今回とても面白かったのが、「ロープを使わずに馬をコントロールしてみよう」という課題。

      馬は群れを作って行動するのですが、その中でリーダーが必ずいます。

      そのリーダーが移動すると、他の馬もそれにしたがって動いたり止まったりするのです。

      つまり、自分をリーダーと認識させて馬に従わせるという技(?)。

       

      子供チームとおじさんチームで分かれて挑戦しましたが、初めは全然動いてくれませんでした。

      そのうち子供チームが先に馬を引き連れて動き出しましたが、そこにおじさんチームの馬もついていくという始末(笑)

      大人の邪念を感じ取ったのでしょうか。

      最終的には僕も含めたおじさんチームもリーダーと認めてくれたようで、ついて来てくれました。

       

      ロープでコントロールするのとは違い、種の垣根を超えて「分かり合えた」という感じがしました。

      人間社会の汚いしがらみを忘れられた瞬間。

       

       

      馬

      お昼ご飯に牧草を。

      畳のような、とても良い香りがしました。

      そして人間達もお昼ご飯を食べ、まったりと過ごしました。

       

       

       

      お子さんがいらっしゃる方は馬達との触れ合いは貴重な経験になると思います^^

      (大人も楽しめます)

      ちなみに可愛い猫ちゃん2匹、ワンチャン3匹とも遊べます。

      うちの娘はずーっと猫ちゃんと戯れてました。

       

      ご興味が湧いた方は「馬と暮らし学舎」のFacebookページをチェックしてみてください。

       

       

      馬と暮らし学舎

      埼玉県比企郡滑川町大字月輪45-4

       

       

       

      ビットキットも入るレザーマンケース「Leather Sheath For LEATHERMAN Max」新発売!!【後編】

      2019.11.27 Wednesday

      0

        ビットキットも入るレザーマンケース

        ビットキットも入るレザーマンケース「Leather Sheath For LEATHERMAN Max」新発売!!【後編】

         

        前編をまだ観てない方はこちらをまずご覧ください。

        ビットキットも入るレザーマンケース「Leather Sheath For LEATHERMAN Max」新発売!!【前編】

         

        ビットキットも入るレザーマンケース

        レザーマンをペンチにトランスフォーム!させた状態でも...

         

        ビットキットも入るレザーマンケース

        底に穴が開いていますのでそのまま挿せます。

        ただし、このままでは蓋が閉まらないので、あくまでも作業中にちょっと挿すくらいの使い方でお願い致します。

        くれぐれもこの状態のまま持ち歩かないようにしてください。(紛失の恐れがあります)

         

        レザーマンOHTレザーケース

        一応、ウェーブやチャージといった「フルサイズモデル」用ではありますが、ビットキットを一枚に絞れば、写真のOHTやサージ、シグナル等も収納可能!!

        ※MUTは収納不可

        あくまでもフルサイズモデル用ですので、ドライバーエクステンダーも入れると多少キツいです。

         

         

         

         

        ビットキットも入るレザーマンケース

        大きさ比較

        左からL、Max、M(僕が愛用のもの)

         

        ビットキットも入るレザーマンケース

        厚みは結構違います。

        「Max感」のあるゴツさとなっております。

         

        ビットキットも入るレザーマンケース

        カラーは「赤茶」と「ブラック」がラインナップ。

        両方ともイタリア/ワルピエ社のレザーです。

        初めは半艶ですが、だんだんと透明感のある艶が出てきます。

         

        レザーマンケースMax

        価格:税込 15620円

        2020年1月初旬発売予定(予約受付中)

         

        紹介は以上となります。

        いかがだったでしょうか?

         

        商品ページより詳しくご紹介してみました。

        ある意味、趣味的商品のため紹介にいつもより力が入っております。

         

        まずはレザーマン本体を欲しくなったのではないでしょうか?

        レザーマンは一個手元にあるだけで本当に便利で、ハイクオリティかつ機能美に溢れているので所有欲を満たしてくれます。

        大半の男性はこういうものが好きなので、女性の方はレザーマンを旦那さんや彼氏にプレゼントするとすごく喜ばれます。

         

        レザーマン本体のご購入は...

        レザーマンジャパン公式サイト

         

         

         

        エクステンダーも入るレザーマンケース

        【ご予約キャンペーン!!】

         

        さて、レザーマンケースMaxは今ご予約いただくと2020年1月初旬から発送となります。

        キャンペーン中に商品ページからご予約いただくとカラビナを無料でお付けします。

        これで届いてすぐに腰から提げることが可能になります。

        是非キャンペーン中にご予約をお待ちしております。

         

        キャンペーン期間

        2019年11月27日〜2019年12月25日まで

         

         

         

        動画でもご紹介しております。

        是非ご覧ください^^

        (宜しければ、チャンネル登録もお願い致します)

         

         

        それでは今回はこの辺で。

        SHIN代表兼職人の加來でした。

         


         

         

        レザーマンケースMax商品ページはこちら

         

         

         

        ビットキットも入るレザーマンケース「Leather Sheath For LEATHERMAN Max」新発売!!【前編】

        2019.11.27 Wednesday

        0

          ビットキットも入るレザーマンケース

          【ビットキットも入るレザーマンケース「Leather Sheath For LEATHERMAN Max」新発売!!】

          ※今回は徹底的に紹介致しますので、前編後編に分かれております。

           

           

          以前からビットキットが一緒に入るレザーマンケースのご要望が今までに何度かあり、また自分でも一緒に持ち歩けたらより便利になるな〜と思っておりました。

          そのような理由で、今回のレザーマンケースMaxが誕生致しました。

           

          「ちょっと待ってくれ、レザーマンとは何なのだ?」という方は以前にレザーマン自体を紹介した記事

          「レザーマンとは」をご一読ください。

           

          ビットキットも入るレザーマンケース

          このレザーマンケースMaxに収納出来るのは上の写真の通り、

          • レザーマン本体(ウェーブ、チャージ等のフルサイズモデル)
          • ビットキット×2
          • ビットドライバーエクステンダー

          です。

          ビットキットというのは、レザーマンに搭載されているビットドライバーに装着することで、色々な種類のドライバーとして使えるキットです。

          写真でもお分かりのとおり、これだけ種類があれば大体OKです。

          収納力を上げるために独特な薄型の形状のドライバーですが、これが意外にグッと噛んでくれますので「さすがレザーマン!」と感心します。

           

          で、そのままビットドライバーに装着しても、奥まったところではやや使いづらいので、それを解消するためのものが写真右端の「ビットドライバーエクステンダー」です。

          これを装着してビットドライバーを延長すれば、もう普通のドライバー並みに使い易くなるのです。

          レザーマンチャージ ビットキット 革ケース

          これが

          レザーマンチャージ ビットキット 革ケース

          こうなります。

           

          ビットキットも入るレザーマンケース

          デザインは今までのレザーマンケースM、Lと同様で、蓋には「Lift The Dot Snap」通称「アーミースナップ」を採用しております。

          これは下から上に持ち上げないと外せない構造で、何かの衝撃でボタンが外れるのを防ぎます。

          軍用でよく使われるディティールです。

           

          レザーマンが頑丈だとはいえ、腰の高さからコンクリに落下でもしようものなら傷、破損などしかねないので、アーミースナップが付いていれば安心感があります。

           

           

          ビットキットも入るレザーマンケース

          こちらがビットドライバーエクステンダーホルダー(長い!)

           

          ビットキットも入るレザーマンケース

          反対側は何もついておりません

           

          ビットキットも入るレザーマンケース

          裏側はM、Lサイズとほぼ同じで、ベルトループとDカンがついております。

          ベルトループに通して装着するか、Dカンにカラビナなどを通して腰から提げるかしてください。

          ※カラビナは付属しません...が、この度、新発売キャンペーンがありますので、最後までお読みください!

           

          ビットキットも入るレザーマンケース

          ビットキットポケット1

           

          ビットキットも入るレザーマンケース

          ビットキットポケット2

           

          ビットキットも入るレザーマンケース

          全部入れるとこのようになります。

           

          ビットキットも入るレザーマンケース ランヤードリングも付けたまま収納可能

          全長にややゆとりを持たせてありますので、「ランヤードリング」を装着したままでも収納可能。

          「ランヤードリング」とは丸カンみたいなもので、ここにチェーンやコード等を付けることで落下、紛失を防げます。

           

          ビットキットも入るレザーマンケース

          ポケットクリップを装着したままでも収納可能。

          つまり全体的にサイズが「キツキツ」ではないので自由度があります。

           

           

          長くなりましたので、後編へ

          ビットキットも入るレザーマンケース「Leather Sheath For LEATHERMAN Max」新発売!!【後編】

          丈夫な革のトートバッグ(ミニトート )/お客様のご感想

          2019.11.25 Monday

          0

            丈夫な革のトートバッグ

            【丈夫な革のトートバッグ(ミニトート)/お客様のご感想】

             

            今回ご紹介しますのは先日納品致しましたミニトートです。

            ミニとは言っても底が広い分、意外と収納力はあります。

            また、比較的厚い革を使っておりますので写真のように何も入れてなくても自立します。

             

             

            丈夫な革のトートバッグ

            中はこのように内装も無くシンプルな構造です。

            革が厚めで、シンプル構造のため壊れにくくなっております。

             

             

             

            丈夫な革のトートバッグ

            オプションの底鋲

             

            さて、お客様からご感想が届いておりますのでご紹介します。

            本日届きました!
            普段仕事用具が多く自転車で仕事場に通っているので、カゴに入る・丈夫・取り出しやすい鞄を探していました。
            届いて手にしてみると、とても可愛くてしかも丈夫で驚きました!
            毎日の通勤が楽しくなりそうです(^^)
            本当にありがとうございました!

            今度は父の誕生日に大きい方の鞄を買ってあげようと思います♪

            練馬区のH様、ありがとうございました!

            革製品を持つことで「毎日が少し楽しくなる」というのがSHINの目指すところでもありますので、

            毎日の通勤が楽しくなるというのは僕としても嬉しいです^^

             

             

            それでは今回はこの辺で。

            SHIN代表兼職人の加來でした。

             

             


            ミニトート商品ページはこちら

             

             

            コードバン(黒)の長財布/ラウンドファスナーウォレットLtdカスタム

            2019.11.21 Thursday

            0

              黒いコードバンの長財布

              【黒いコードバンのラウンドファスナーウォレットLTDカスタム】

               

              今回ご紹介しますのは、先日納品致しましたラウンドファスナーウォレットLtdのカスタムオーダーです。

               

              黒いコードバンの長財布

              通常ラインナップには無い「ブラック」のコードバンを使用。

              そこにバーガンディのラインを加えました。

              また、単体で見ると分からないかもしれませんが本体幅を5mmスリム化しております。

               

               

               

              黒いコードバンの長財布

              別アングル。

              実に艶かしい印象を受けます。

               

               

               

               

              黒いコードバンの長財布

              ファスナーはTALONからYKKの最上級ラインである「エクセラ 」に変更。

              重厚感のある見た目となっております。

              また、ファスナーの引き手はカスタム仕様に変更しました。

               

              内装もブラック。

              こちらはイタリア/ワルピエ社の代表的な銘柄「ブッテーロ 」(牛革)です。

               

              黒いコードバンの長財布

              コインケースの中に仕切りを一枚入れております。

               

               

               

              バーガンディのラインがワンポイントとなり、個性的でありながらも落ち着いた雰囲気も醸し出すカスタムに仕上がりました。

               

              さて、お客様からご感想も頂いておりますのでご紹介します。

               

              SHIN代表 加來様

              カスタムオーダーをお願いした仙台市のOです。商品の方、無事受け取りました。
              二度目のオーダーとなりましたが、細かい依頼にも快く応じていただき、寸法やデザイン、縫製全てにおいて、今回も大変満足のいく仕上がり具合でした。思い切って外装に追加した赤のラインもかなり気に入っています。これからエイジングも楽しみながら大事に使わせていただきます。また宜しくお願いします!

               

              仙台市のO様、いつもありがとうございます!

               

               

               

              ところで先日コードバンを仕入れに行った際に、コードバン用クリームの試作品を見せてもらいました。

              仕入れ先である革屋「フジトウ商事」さんが独自に開発中で、新喜皮革の水染コードバンに合うクリームということで、色々と成分を変えて試作中とのことです。

              完成が楽しみです^^

               

               

               

              それでは今回はこの辺で。

              SHIN代表兼職人の加來でした。


               

               

              コードバンのラウンドファスナー革財布

              ラウンドファスナーウォレットLTD商品ページはこちら

               

              赤茶の革(マレンマ)のキーケースM/カスタムオーダー

              2019.11.18 Monday

              0

                赤茶の革のキーケース

                【赤茶の革(マレンマ)のキーケースM/カスタムオーダー】

                今回ご紹介しますのは、先日納品いたしましたキーケースMのカスタムオーダーです。

                使用している革は赤茶のマレンマですが、色味がやや濃いめの個体です。

                (マレンマに限らず、革はロットにより色味が多少異なりますが、マレンマはその中でもかなり色味の個体差が激しい革です。)

                 

                赤茶の革の赤茶の革のキーケースキーケース

                ずいぶん見た目がシンプルになっております。

                カスタムオーダーといってもShinロゴを移動するライトカスタムでございます。

                 

                 

                 

                赤茶の革のキーケース

                写真では微妙にわかりづらいかもしれませんが、ボタンを外したら見える位置に移動しました。

                 

                赤茶の革のキーケース

                中はこのように標準仕様となっております。

                イタリア/ワルピエ社の「マレンマ」はオイルを豊富に含んでおり、写真からでもしっとりとした質感が伝わってくると思います。

                 

                さて、お客様からご感想もいただきましたのでご紹介します。

                 

                加來様

                赤茶のキーケースMが届きました。
                見た目のサイズは思ったよりも大きいと感じましたが、車のスマートキーがピッタリと収まるサイズでGOODでした。
                赤茶の革は想像より高級感があり、これからどのように育っていくのか非常に楽しみです。
                また、我儘なオーダーも聞いて頂き、本当に感謝しております。
                shin製品のクオリティには本当に頭が下がります。これからも素晴らしい製品を作り続けてください。

                 

                足立区のH様、いつもありがとうございます!

                 

                それでは今回はこの辺で。

                SHIN代表兼職人の加來でした。

                 


                 

                革のキーケース

                キーケースM商品ページはこちら

                 

                 

                ブッテーロ(ブラック)のペンケースM/カスタムオーダー

                2019.11.14 Thursday

                0

                  黒い革(ブッテーロ)のペンケース

                   

                  【黒革(ブッテーロ)のペンケースMサイズ/カスタムオーダー】

                   

                  今回ご紹介しますのは、先日納品いたしましたペンケースMのカスタムオーダーです。

                   

                  黒い革(ブッテーロ)のペンケース

                  カラーは「ブラック」、革はイタリア/ワルピエ社の「ブッテーロ」を使用しております。

                  ファスナーはYKKのブラック/ゴールドで、外装は標準仕様となっております。

                   

                   

                   

                   

                  黒い革(ブッテーロ)のペンケース

                  定規用大型ポケット、ベルト状ペンホルダーを装備。

                  この二つはカスタムオーダーです。

                  内装の革は赤茶色の「マレンマ」という革を使用しております。

                  これは外装のブッテーロと同じく、イタリア/ワルピエ社製の革です。

                   

                  さて、お客様からご感想をいただいておりますのでご紹介します。

                   

                  送っていただいた商品、手に取らせていただきました。
                  まず感じたのは、間違いなく一生ものになる。と感じました。
                  革はもちろん、ファスナー部分の細部にまで丁寧に作られており、感激しました。
                  ファスナー持ち手部分の長さが丁度よい長さで、思わず微笑んでしまうくらいでした。
                  メンテナンス等も受付してくださるとのこと、大変心強いです。
                  素敵な商品をありがとうございます。

                   

                  大阪市のF様、ありがとうございました!

                   


                   

                  ペンケースM商品ページはこちら

                  カードと小銭が入る小型のお財布「カードウォレット」/お客様のご感想と秩父巴川オートキャンプ場の話

                  2019.11.11 Monday

                  0

                    カードと小銭が入るお財布

                    【カードと小銭が入るコンパクトなお財布「カードウォレット」/お客様のご感想】

                     

                    今回ご紹介しますのは、先日納品いたしましたカードウォレットです。

                    色は「赤茶」。

                    赤茶はカードウォレットでは一番人気です。

                    革はイタリア/ワルピエ社の「マレンマ」を使用。

                    深みのある色が魅力のプルアップレザーです。

                     

                    カードと小銭が入るお財布

                    カード入れは3枚で、プラスその下にポケットがありますのでお札を折り畳んで入れてもよし、カードを入れてもよしです。

                     

                     

                     

                     

                    カードと小銭が入るお財布

                    コインケースは片マチ付きのファスナー仕様となっております。

                     

                     

                    それではお客様からのご感想をご紹介いたします。

                    カードウォレットを買ったKです。
                    親父のプレゼント用で購入しました。直接会って渡せなかったので自分も実物は見てないのですが。
                    お礼の電話があり!
                    『これ面白いね。こんなの見たことない!これ使えるね!ありがとう』と!
                    ちょっと興奮気味に電話がありました。
                    SHINさんの物を選んでよかったです。またミドルウォレットもいい感じで自分の型になって育ってきました『ケツポケ派です。』
                    また機会があれば色々と購入したいなと思っています。今回はありがとうございました。

                    茨城県筑西市のK様、ありがとうございました!

                    大切な方へのプレゼントに選んで頂くというのはとても光栄です^^

                     

                     

                     

                    ご感想にもありましたミドルウォレットとキーケースMの写真を送って頂きました。

                    ケツポケ派ということで、自分の型(曲線)になってきてますね!

                    革製品は傷も含めて自分の歴史として刻まれることで、愛着が生まれます。

                     

                    ありがとうございました!

                     

                     

                    さて話は変わりますが先日、秩父巴川オートキャンプ場というところにキャンプに行ってきました。

                     

                    結構壮観な川に隣接したオートキャンプ場で、夏には川遊びもできるとのことです。

                     

                     

                    おしゃれキャンパーならぬ、しょぼくれキャンパーですが、家族には「逆にそれがかっこいいのだ」と言い張って納得(してない?)させております。

                     

                     

                    巴川オートキャンプ場

                    隣接する川。

                    なかなか迫力のある絶壁を見ることができます。

                    先日の台風の影響で、リバーサイドのキャンプ区画は使えなくなっておりました。

                     

                    巴川オートキャンプ場

                     

                    シシャモ。

                    炭火で焼くと何でも旨いです。

                     

                    巴川オートキャンプ場

                     

                    このキャンプ場のオーナーさんがハンターもしているということで、自分で仕留めた鹿の肉を売っていたりもします。

                    これはその鹿肉。

                    臭みはほぼ無いですが、明らかに牛とは違う味です。

                    どちらかというと羊に近いでしょうか。

                    柔らかくて、しつこく無いのでいくらでも食べれます^^

                     

                    巴川オートキャンプ場

                    焚き火の中にそのまま肉をぶちこむ式調理法。

                    実はこれが一番旨いのではないかと思いました。

                    高温の窯のようになっているところにそっと肉を入れ、全方向から一気に焼くという技。

                    (写真はそのようにはなっておりません。テスト段階の写真です。)

                     

                     

                    夜はこの時期としてはものすごく寒く、ちょっと大袈裟かなという防寒装備を持ってきていて良かったです。

                    昼はめちゃくちゃ暖かかったのですが...

                    夜の秩父って寒いんですね。

                     

                    今回のキャンプ、何が大変だったかというと、寝る段階で次女(2歳8ヶ月)が「家に帰りたい」とギャン泣きしたことが一番大変でした。

                    テント泊っていうのは2歳児には刺激が強いのでしょうか?

                    お昼寝もしてなかったので眠たかったというのもあるのでしょう。

                     

                    ギャン泣きが止まずにお手上げ状態の時に、ふとスマホでYouTube(おもちゃの紹介の動画)を見せた瞬間、泣き止みました。

                    恐るベしYouTube。

                    でもバッテリー切れ&通信量が気になり、動画を止めた瞬間にギャン泣き再開...

                    騙し騙し、ニトログリセリンでも取り扱うような感じで何とか寝かしつけました。

                     

                     

                     

                    夜中、トイレに行くためにテントから出た時にすごい星空を見ることができました。

                    (満天の星空ってちょっと怖いですよね?)

                     

                    そして帰りに秩父駅隣接の温泉に寄って帰路につきました。

                    秩父巴川オートキャンプ場、オススメです^^

                     

                    それでは今回はこの辺で。

                    SHIN代表兼職人の加來でした。

                     


                    カードウォレット商品ページはこちら

                     

                     

                     

                     

                     

                    ミドルウォレット商品ページはこちら

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    丈夫な革のトートバッグ(ミリタリートート )/カスタムオーダー

                    2019.11.07 Thursday

                    0

                      【丈夫な革のトートバッグ(ミリタリートート )/カスタムオーダー】

                       

                      今回ご紹介しますのは、先日納品致しましたミリタリートートのカスタムオーダーです。

                      ご感想もいただきましたので後ほどご紹介致します。

                       

                       

                       

                       

                      丈夫な革のトートバッグ(ミリタリートート)

                      U.S.スタンプ有りで色は「タン」でのオーダー。

                       

                       

                       

                       

                       

                      丈夫な革のトートバッグ(ミリタリートート)

                      背面にはネーム入れしたヌメ革タグを装着。

                      このようなヌメ革のネームタグは昔のフライトジャケットなどによく付いておりました。

                      時が経つにつれ、肌色っぽい色がだんだん飴色に変化していきます。

                       

                       

                       

                       

                      丈夫な革のトートバッグ(ミリタリートート)

                      キーホルダー等をつけるDカンも追加致しました。

                      内ポケの無いミリタリートートには、あると何かと便利かもしれません。

                       

                       

                       

                      丈夫な革のトートバッグ(ミリタリートート)

                      オプションの底鋲。

                       

                       

                      さて、お客様からいただいたご感想を紹介いたします。

                       

                      こんばんわ。

                      先般購入しましたKと申します。

                      購入から1か月経ち、商品の感想をメールします。

                      このバッグ、ホントに男の持ち物って感じで良いです。
                      やはり頑丈、道具って感じが好きで、今までのバッグもKLEINのtoolバッグを使ってました。持ち歩くと大きいからかもしれませんが、結構人目に付くようです。

                      先日、このバッグのハンドル部分を留めるバンドを紹介されていましたが、あれがあると開き過ぎずに丁度良いので、商品化をお待ちしてます。

                      次、ショルダーバッグを物色しておりますので、一緒に購入します。

                      最後に。
                      こういうオリジナルで、こだわりある商品、私は好きです。将来、メンテナンスもお願いしたく思いますので、末永い御活躍をお祈りしております。

                       

                      大阪府寝屋川市のK様、ありがとうございました!

                       

                      それでは今回はこの辺で。

                      SHIN代表兼職人の加來でした。

                       


                       

                       

                      ミリタリートート商品ページはこちら