レーザー刻印機導入

2019.12.28 Saturday

0

    【レーザー刻印機導入のお知らせ】

     

    今回ご紹介致しますのは新しく導入致しました「レーザー刻印機」です。

    刻印機というか、厳密にはレーザーカッターなのですが、基本的には名入れで使おうと思っております。

     

     

     

    【メリット】

    メリットとしましては完成品に名入れができるので、例えばキャッシュトレイなどは在庫を作っておいてから名入れすることで納期が大幅に短縮できます。

    (今までは2〜3週間の納期でしたが、在庫があれば2〜3日で出荷が可能となります)

    まだ在庫の準備ができておりませんので今まで通りの納期ですが、準備出来次第納期を短縮いたします。

     

    また、フォントの自由度がききますので通常フォントと筆記体フォントの2種類がお選びいただけます。

     

    データからロゴ入れも可能ですので比較的リーズナブルにオリジナルロゴを入れることが可能となります。

    ロゴマークを入れる場合、今までは専用の刻印を作る必要があり、費用が1万円前後かかりました。

    この機械を使えば大きさにもよりますが、3000円〜からロゴ入れが可能となります。

    ※こちらで加工の必要のないデータが必要となります。

     

     

    【デメリット】

    今までの名入れは金属製の刻印を組み合わせて圧力をかけて「エンボス」をしておりました。

    今回導入いたしましたレーザー刻印はレーザーで焼くので、革の色によっては見えづらいです。

    特に「ブルー」が非常に見えにくいですね。

     

     

     

    メリット、デメリットは有りますが個人的には自由度にかなり期待しておりまして、どんなことができるか考え中でございます。

     

    ちなみにレーザーで焼く時の「スピード」、「パワー」、「回数」などが設定できます。

    スピードを速くすると文字のフチがガタつきますし、パワーをあげると焦げすぎますのでスピードゆっくり目、パワー低めで何回か焼くことでキレイに仕上がります。

    (大体キャッシュトレイの名入れで15分程度かかります)

     

     

    動画を撮ってみましたので、よろしければご覧ください。

     

    それでは今回はこの辺で。

    SHIN代表兼職人の加來でした。