赤いプルアップレザーのキーケース/カスタムオーダー

2018.12.16 Sunday

0

    赤い革のキーケース

    【赤いプルアップレザーのキーケース/カスタムオーダー】

     

    今回は先日納品いたしましたキーケースのカスタムオーダーをご紹介いたします。

    レザーは標準ラインナップにもある「赤」。

    イタリア/テンペスティ社の「イビザ」というプルアップレザーです。

     


    イビザの特徴としてましては

    • やや柔らかめ
    • ツヤ有り
    • 厚め(約2mm)
    • プルアップ(曲げたところの色が薄くなる)
    • オイルを豊富に含んでいる

    といったところでしょうか。

     

     

    赤い革のキーケース

    金具を真鍮メッキ、Dカンを装着。

     

     

     

     

     

     

    赤い革のキーケース

    実は今回のこのキーケースはサイズ変更をしております。

    左がMサイズ(革はクロムエクセル)、真ん中が今回のカスタムオーダー品、右がSサイズです。

    右のものは僕が手荒に使っているもので、革は今回ご紹介のオーダー品と同じイビザの赤です。

    だいぶ色が変化してきました。

     

    車のスマートキーを収納しつつもコンパクトさを残したいというご希望でしたので、結果的にはSとMの中間くらいの大きさになりました。

     

    お客様からご感想もいただきましたので、ご紹介します。

     

    この度はキーケースを作っていただきありがとうございました。
    Dカンを出してもそれほど外にはみ出ず、そのままポケットに入れられるのは気に入りました。気分によってぶら下げたりポケットに入れたり出来るので嬉しいです。
    鮮やかな赤色と革の厚みがあるので、ぶら下げたときの存在感がありますね。ワンポイントのオシャレとしても使えそうです。サイズは車のスマートキーは入りました。ただ車のスマートキーは取り付け部分が太いので、キーケースの金具だと入らないことはないですが狭かったです。なのでちょっと自分で広げることで対応出来ました。
    この革は色はもちろん厚みがあって柔らかさもあり、握ったときの質感もイイので良い感じです。shinの商品はどれも質感が良いですね。つい触りたくなります。

    三重郡のK様、いつもありがとうございます!

     

    それでは今回はこの辺で。

    SHIN代表兼職人の加來でした。

     


     

    キーケースS商品ページはこちら

     

     

     

    ラウンドファスナーミドルウォレット/お客様のご感想

    2018.12.14 Friday

    0
      黒いブッテーロのラウンドファスナーミドルウォレット
      【ラウンドファスナーミドルウォレット/お客様のご感想】

       

      先日納品いたしましたラウンドファスナーミドルウォレットのご感想が届きましたのでご紹介いたします。

       

      写真でもお分かりのようにウォレットロープセットです。
      ウォレットロープセットですと接続用のDカンが無料で付きます。
      (ウォレット単品には1080円で取り付け可能)

       

       

      黒いブッテーロのラウンドファスナーミドルウォレット

       

       

       

      内装はタンカラー。

      外装、内装のコントラストが個人的にも気に入っております^^

       

       

      さて、お客様からのご感想をご紹介いたします。

       

      商品届きました。
      想像していたよりかなり革の厚みがあり重厚な作りに驚きました。
      オートバイに乗る時に使おうと考えているのでこのくらい丈夫な方が安心出来ます。
      サイズ感もちょうど良くとても気に入りました。

      北葛飾郡のT様、ありがとうございました!

      オートバイに乗るときには、ケツポケからの飛び出しも少ないミドルウォレットはサイズ的にも良いかもしれませんね^^

       

      T様は埼玉県北葛飾郡でオートバイ店を経営されておりますので、バイク好きの方、是非チェックしてください^^

       

       

       

      タロウモータース

      〒345-0024
      埼玉県北葛飾郡杉戸町堤根2521-3

      website   https://taro-motors.com/
      blog  http://taro-motors.com/blog/

       

       

      迫力の動画も!! 必見です!!

       

       

      それでは今回はこの辺で。

      SHIN代表兼職人の加來でした。

       


       

      ラウンドファスナーミドルウォレット商品ページはこちら

       

      革の特徴から探す「好みの革」

      2018.12.13 Thursday

      0

         

        この度、「革の特徴から探す好みの革」という情報ページをオンラインショップのスマートフォン版に作りましたのでご紹介します。

        革の銘柄から、「これはこういう革」という説明はあったのですが、

        「硬い革がいい!」とか「艶がある革がいい!」とか「シボがある革は?」という風に「逆引き的」に調べられるページも必要かなと思いまして作りました。

        そのページはこちら「革の特徴から探す好みの革」

        (パソコンでも見られます)

        是非ご覧ください。

         

         

        ちなみに以下の「簡単な革の説明」はその情報ページに1000文字以上はアップできないため、泣く泣く削除したもの。

        (上記ページの中の「革の詳細説明」のリンクには以下の説明より詳しく書いてあるページに飛べるので、いらないと言えばいらないのですが、折角書いたので...)

         

        【簡単な革の説明】

         

         

         

        ブッテーロ

        イタリア/ワルピエ社製の植物タンニン鞣しの牛革。

        「ヌメ革の王様」の異名をとる有名な銘柄。

        硬めで張りが有り、初めは半艶状態であるが使い込んでいくと「透明感のある艶」が出てくる。

        イタリアならではの発色の良さも売り。

         

         

        マレンマ

        ブッテーロと同じくイタリア/ワルピエ社製の植物タンニン鞣しの牛革。

        ブッテーロに似ているが、より多くオイルを含んでいる。

        「プルアップ」という特徴があり、革を曲げたり圧力をかけると内部に含まれたオイルが移動し、その部分の色が薄くなる。

        これにより濃淡のグラデーションが生まれ、深みのある表情になる。

        引っ掻き傷などは付きやすい革であるが、使い込むことで傷も馴染み、味になる。

        ブッテーロと同様に半艶から使い込むと透明感のある艶が出てくる。

         

        アリゾナ

         

        イタリア/ブレターニャ社製の植物タンニン鞣しの牛革。

        自然なシボ(細かいシワ)が特徴の革。

        比較的ソフトな風合いで傷も目立たず、経年変化も期待できる完成度の高い革。

         

         

        クロムエクセル

        アメリカ/ホーウィン社製のコンビネーション鞣しの牛革。

        ワークブーツ等に使われる分厚くタフな革。

        オイルが過剰とも言えるほど含まれており、触ると手にオイルが付くほど。

        そのため多少の水なら弾いてしまう。

        柔らかめの革なので、SHINでは分厚いまま使用している。

        経年変化は「ワイルド」な仕上がりになる。

         

         

        リオ

        イタリア/モンタナ社製の植物タンニン鞣しの牛革。

        「ダブルバット」というお尻の部分から採った革で、繊維が詰まっていて丈夫である。

        まさに「スタンダード」な革であり、SHINでは財布の内装などにもよく使っている。

         

        コードバン

        馬のお尻の革。

        コードバン層という革の内部の繊維が一番詰まった「層」を削り出し磨き上げた革。

        「革のダイヤモンド」と呼ばれ、美しさ、耐久性などがトップクラスの革。

        原皮が希少でしかも生産に手間が掛かるので、世界でも数社しか作れない。

        日本が誇る「新喜皮革」製のコードバンである。

        日本製ならではのクオリティを感じることができる。

        艶があり、硬めの質感。

         

         

        シェルコードバン

        上記と同じコードバンであるが、こちらはアメリカ/ホーウィン社が作るコードバン。

        世界の一流メーカーが採用するコードバンの「ブランド」。

        希少性、輸入コスト、ブランド価値から最も高級な革の一つ。

        (爬虫類など特殊なレザーを除く)

        日本のコードバンに比べて表面は「毛穴」「小傷」「色ムラ」等、ややワイルドな質感。

        上品とワイルドが同居する「メイドインアメリカ」のコードバン。

         

         

        サドルレザー

        所謂「ヌメ革」である。

        日本の「昭南レザー」製の植物タンニン鞣しの牛革で、無染色で革本来の色(肌色に近い)。

        言ってみれば「スッピン」のため、表面の傷やシミ等がそのまま残っている。

        また、水シミや汚れも付きやすくデリケートな革だが使い込んでいくと「劇的」に変化する。

        色は飴色になり、艶が出てくる。

        経年変化はワイルドな仕上がりになる。

        ある意味では上級者向けの革と言えよう。

         

        ホースハイド

        国産の植物タンニン鞣しの「馬革」。

        馬革は牛革に比べると圧倒的に出回る数が少ない希少性のある革である。

        牛肉と馬肉を食べる割合を考えてもお分かりだろう。

        (革は食肉の副産物)

        荒々しいシワが入った馬革は傷が目立ちにくくワイルドな印象。

        革好きの中では「馬革」というだけで一目置かれる存在である。

         

        イビザ

        イタリア/テンペスティ社製の植物タンニン鞣しの牛革。

        オイルを豊富に含んだ「プルアップレザー」で、曲げたところの色が薄くなる特徴を持つ。

        初めから艶があり、経年変化も非常に期待できる革。

        SHINでは「赤」しか取り扱っていない。

        「赤」のイビザは非常に美しく、使い込んでいくと「深みのある」赤に変化する。

        ブッテーロよりはソフトであるが、厚みもありボリューム感も魅力。

         

         

         

        それでは今回はこの辺で。

        SHIN代表兼職人の加來でした。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        ミシンの跡?

        2018.12.10 Monday

        0

          クロムエクセルのキーケース

          【ミシンの跡?】

           

          今回は「ミシンの跡?」というお題でお話しいたします。

           

          先日クロムエクセルのキーケースをご購入いただいたお客様からご質問をいただきました。

          ステッチの横の「線」に関して、これは何か?という趣旨のご質問です。

           

          上の写真を見てお分かりのようにステッチと並行して線がありますね。

          これは題名の通り「ミシンの跡」なのです。

           

          SHINの商品はこのSINGER17という足踏みミシンで縫製されております。

           

           

           

          シンガーの足踏みミシン

           

          シンガーの足踏みミシン

          さてこのミシンの跡というのは、厳密に言えばミシンの「押さえ」の跡ということになります。

          このローラー状の押さえが通った跡です。

           

          ちなみにこの写真のまま縫いますとローラーの網目状の跡が革に付きます。

          あえてこの網目状の跡を残すと実はいい感じの「模様」がステッチの横に付くのですが、好みが分かれるのでSHINではローラーに薄い生地を貼って模様を消しています。

           

          クロムエクセルのキーケース

          もう一度見てみましょう。

          • 革が柔らかい
          • 分厚い

          という二つの条件が揃うと最もこの「跡」が付きやすくなります。

          以上の条件によりクロムエクセルは跡が付きやすい革なのです。

           

           

           

          そして縫った裏側はどうなっているかというと…

           

           

           

           

           

          クロムエクセルのキーケース

          表面よりすごい「跡」。

          こちらもお客様からご質問を頂きました。

           

           

           

          足踏みミシン シンガー

          跡の犯人はこの「送り」。

          この「送り」が前後に動くことで革が送られて縫製されていきます。

           

          これでも多少この「送り」を削って跡をマイルドにしています。

          本来はもっと尖っていますので、写真の四角の跡では無く、鋭い線状の跡が付きます。

           

           

          この系統のミシンを使っている方の中には、なんとかこの「跡」を消そうと頑張っている方がいらっしゃいますが、僕は「これはこれで味があっていいのではないか?」

          という結論に達しています。

           

          僕は「ざっくり感」というのが好きでして、日本製の丁寧に作られたものはもちろん良いですが、例えばアメリカ製の大雑把(ざっくり)に作られたものも好きなのです。

          SHINの商品の中では「ミリタリートート」などがそのメイド・イン・アメリカ的カテゴリーです。

          言い訳に聞こえるかもしれませんが、このようなものは「ひと針ひと針丁寧に…」という作り方ではなく、ある程度「勢いで作る」というのが必要だと思っております。

          (もちろんワザと雑に作ってはいませんが、財布などと比べると縫製がやや「ラフ」な感じを受けるかと思います)

           

           

          話を戻します。

          今回のお題のような製造上やむなく付いてしまう跡などは僕にとっては当たり前になっており、あまり気にしていませんでした。

          しかし初めて見るお客様にとっては「不良品?」と思う方もいらっしゃるということで、HP等でももっと説明していかなければ!と思いました。

          ご質問ありがとうございました。

           

           

          何かご不明な点などがありましたらなんでもご質問ください!

          よろしくお願いいたします。

           

          それでは今回はこの辺で。

          SHIN代表兼職人の加來でした。

           

           

           

           

           

           

          シェルコードバンのミンティアケース/お客様のご感想

          2018.12.05 Wednesday

          0
            ホーウィンシェルコードバンのミンティアケース
            【シェルコードバンのミンティアケース】

             

             

            今回ご紹介いたしますのは先日納品いたしましたシェルコードバンのミンティアケースです。
            シェルコードバンというのはアメリカのホーウィン社が製造するコードバンです。
            写真ではこげ茶に見えますが、一応「バーガンディ」というカラーです。

             

             

            写真を見てわかる通り、SHINの刻印無しのシンプルなものをご希望。

             

            通常どこかしらには刻印を入れさせていただきますが、ミンティアケースですと他に入れる場所がございませんので今回は刻印無しバージョンでした。

             

             

            このミンティアケースはかなりタイトなサイズで作り、無理やり(?)木型を入れて成型しておりますのでミンティアにジャストサイズとなっております。

             

            見た目の「お菓子感」と「カシャカシャ音」を抑えることができますので仕事中も気にせず持ち歩けます^^

             

             

            さて、お客様からご感想が届きましたのでご紹介いたします。

             

            ミンティアケース毎日愛用しております。

            今まで使っていたものとは材質は当然ですが、縫製等も比べ物にならず、大変気に入っております。
            小さい商品にもしっかりとした『仕事』を感じました。

            また機会があれば利用させて頂きます。

            ありがとうございました。

             

            西条市のO様、ありがとうございました!

             

             

            それでは今回はこの辺で。
            SHIN代表兼職人の加來でした。

             

             

            【新商品のお知らせ】ウォレットスリーブ

            2018.12.02 Sunday

            0

              革財布をキズから守る保護ケース(ウォレットスリーブ)

              【新商品のお知らせ/ウォレットスリーブ】

               

              今回は新商品のご紹介です。

              高品質なPC、スマートフォンケースをメインに作っているメーカー「buzzhouse design(バズハウスデザイン)」とのコラボレーションアイテムです。

               

              お財布をバッグに入れておくと、中のものとぶつかりキズが付いてしまうとのご報告が多数寄せられております。

              そのようなキズ、凹みから大切なお財布を保護する肉厚フェルト製のケースです。

               

              革財布をキズから守る保護ケース(ウォレットスリーブ)

              使用方法は、ただサッと入れるだけです。

               

              そのままバッグに。

               

              革財布をキズから守る保護ケース(ウォレットスリーブ)

              背面のストラップをフロントの穴に通し…

              革財布をキズから守る保護ケース(ウォレットスリーブ)

              ホックを留めれば…

               

              革財布をキズから守る保護ケース(ウォレットスリーブ)

              このように閉じられます。

               

               

               

              革財布をキズから守る保護ケース(ウォレットスリーブ)革財布をキズから守る保護ケース(ウォレットスリーブ)

               

              単体でクラッチバッグのように使用する事も可能です。

              お財布ではなくスマホ、小説、キーケース等を入れてもOK。

               

              革財布をキズから守る保護ケース(ウォレットスリーブ)

              ミドルサイズのご用意もあります。

               

              価格は税込3780円です。

               

               

               

              お得なキャンペーン情報もありますので、

              詳しくはウォレットスリーブの商品ページをご覧ください^^

              よろしくお願いいたします。

               

              それでは今回はこの辺で。

              SHIN代表兼職人の加來でした。

               


              革財布をキズから守る保護ケース(ウォレットスリーブ)

              ウォレットスリーブ商品ページはこちら

               

               

              赤いプルアップレザーのフライトウォレット /カスタムオーダー

              2018.11.30 Friday

              0
                赤い革のフライトウォレット A2
                【赤いプルアップレザーのフライトウォレット/カスタムオーダー】
                今回ご紹介しますのは赤いプルアップレザーのフライトウォレットです。
                レザーは最近人気のイタリア/テンペスティ社のプルアップレザー「イビザ」。
                質感、艶、ボリューム感等、全てにおいてクオリティの高い革です。
                 
                赤い革のフライトウォレット A2
                ファスナーは「riri」のバーガンディをセレクト。
                プルアップレザーとはこの襟部分のように折り曲げたときに色が薄くなる特徴を持つレザーです。
                それによりグラデーションが出て深みのある表情が生まれます。
                 
                赤い革のフライトウォレット
                逆サイドにはヌメ革のネームタグ。
                使用していくうちに飴色に変化していきます。
                ステッチはオレンジです。
                 
                赤い革のフライトウォレット A2
                内装も同じく赤の「イビザ」。

                 
                赤い革のフライトウォレット
                コインケースにはA.A.Fマーク

                 

                 

                 

                 

                赤い革のフライトウォレット A2
                コインケース逆側にはA2タグ

                 

                 

                 

                 

                赤い革のフライトウォレット
                コインケースファスナーもriri。
                ririはスイスのメーカーで高級ブランドなどにも使われています。
                エレメント(金属のレール)が細長いのが特徴ですね。
                 
                さて、お客様からご感想をいただきましたのでご紹介します。

                 

                 

                めちゃくちゃかっこよかったです。ありがとうございました。本人ものすごくよろこんでました。また次も必ず何か購入させていただきますので、よろしくお願いしますm(._.)m

                 

                白山市のH様、いつもありがとうございます!

                 

                コメントでもお分かりの通り、ご使用になられるのはH様ではなくご友人の方です。

                 

                 

                お客様から写真も送っていただきました^^

                 

                 

                フライトウォレットの隣に写っているのはH様のDウォレット(カスタムオーダー)です。

                 

                 

                このウォレットを見せてSHINをご紹介していただき、今回のフライトウォレットを決めていただいたとのことです^^

                 

                ご紹介ありがとうございます!

                 

                ※このDウォレットの詳細は以前の記事「コードバンのライダースウォレット/D-Wallet」をご覧ください。

                 

                 

                それでは今回はこの辺で。

                 

                 

                SHIN代表兼職人の加來でした。

                 

                 

                【追伸:カスタムオーダーに関しまして】

                 

                 

                 

                カスタムのご相談はお気軽にどうぞ!
                革の種類、色、ファスナーの銘柄、ステッチ等、選択肢が多過ぎてどうしたらいいのか分からない!
                というお客様がいらっしゃいます。
                だいたいのイメージをお伝えいただければ、僕の経験から導き出されたオススメの組み合わせをご提案させていただきますよ。
                 
                また、一度決めたら一生そのままというわけではございません。
                (例えば修理の際にステッチカラーやファスナーを変える等のカスタムも可能)
                ですのであまり深刻にならずにある程度「勢い」というのも大事です^^
                 
                ご相談お待ちしております〜
                 

                 


                 

                ブッテーロの名刺入れ/カスタムオーダー

                2018.11.28 Wednesday

                0

                  ブッテーロの名刺入れ(免許証入れ)

                  【ブッテーロの名刺入れ/カスタムオーダー】

                   

                  今回ご紹介いたしますのは名刺入れのカスタムオーダーです。

                  ベースは二つ折りのスタンダードなタイプ。

                  レザーはイタリア/ワルピエ社の「ブッテーロ」を使っております。

                   

                   

                   

                   

                  ブッテーロの名刺入れ(免許証入れ)

                  開けてみますと…

                   

                  窓が付いております。

                  ここに免許証を入れるとのことで、このような形になっております。

                  「免許証入れ」というのが今あまり無いようですね。

                  ※SHINの刻印の下には名入れを施しておりますが画像では消させていただきました。

                   

                   

                  プレゼント用にご購入いただきまして、お相手様もとても喜んでいたとのご報告をいただきました。

                  高松市のA様、いつもありがとうございます!

                   

                   


                  【本日は天赦日】

                   

                  話は変わりますが、本日11月28日は最強の吉日である「天赦日(てんしゃび、てんしゃにち)」です。

                  財布などを買うには最高の日ではないでしょうか?

                  ご注文お待ちしております!

                   

                   

                  それでは今回はこの辺で。

                  SHIN代表兼職人の加來でした。

                   


                  名刺入れ商品ページはこちら

                   

                   

                  マレンマの長財布/フラップウォレット/お客様のご愛用品

                  2018.11.27 Tuesday

                  0

                    【マレンマのフラップウォレット/お客様のご愛用品】

                     

                    今回は、お客様からご愛用のフラップウォレットの写真が届きましたのでご紹介いたします。

                     

                    使用期間は約1年。

                    マレンマは比較的、引っかき傷が付きやすい革ですが、綺麗に育ってますね^^

                     

                     

                     

                     

                    お客様からコメントも頂いております。

                    基本カバンに入れて使用しているためか、あまりまだ経年変化はないです。
                    ボタンのアタリはでてきています(^^)

                     

                     

                     

                    裏面

                    お尻のポケットに入れて一年使用すると全く違った育ち方をします。

                    バッグの中に比べてお尻のポケット(以下「ケツポケ」)は財布にとってだいぶ過酷な環境ですので成長が早いです。

                    その分財布にかかるストレスも高いので、良し悪しと行ったところでしょうか。

                     

                     

                     

                     

                    財布にとってのストレスとは


                    • ケツポケに入れたまま座った時の圧力
                    • ポケット内で擦れることによる摩耗
                    • 夏場の汗
                    • 突然の雨
                    • ケツポケに入れたまま滑り台を滑った時に削れる(冗談ではなく子供と一緒に公園で遊んでいたりするとうっかりやってしまう場合があります!)

                    等々。

                    ただし、SHINの商品はそれに耐えうる厚みの革を使っておりますので、すぐに壊れるということは無いと思いますが。

                    ちなみに僕はケツポケ派。ケツポケに財布が入っていないと落ち着かない体になっております。


                     

                     

                     

                    バッグの中が財布にとって快適な環境とはいえ、他の内容物とガサッと入れてしまうと傷だらけになってしまいます。

                    それを防ぐには内ポケットに入れる、保護する袋等に入れるなどの対策をしましょう。

                    (実は今、ウォレットケースなる財布保護アイテムを試作中!!)

                     

                     

                     

                     

                    財布に傷が付かないようにするには日頃の注意も必要です。

                    例えば

                    • 財布を扱う時に爪を立てない
                    • 財布をテーブル等の上で滑らせない(財布とテーブルの間にゴミ等があると傷つきます)

                     

                     

                    以上の事は以前にも書きましたが、何度でも書きます!

                     

                     

                    マレンマのフラップウォレット

                    最後に、こちらがご購入当時の「産まれたて」の姿。

                    ライティング等によるものもありますが、色が少し変わってきたのかな?

                    という感じですね。

                    (特に染料染めの革の場合、太陽光や蛍光灯などの下で見た時の色の印象がかなり違います)

                     

                    奈良県橿原市のT様、ありがとうございました!

                    皆様もご愛用品の写真お待ちしております!

                     

                     

                    それでは今回はこの辺で。

                    SHIN代表兼職人の加來でした。

                     

                     


                     

                    フラップウォレット商品ページはこちら

                     

                    ミニトート/カスタムオーダーと牛久大仏の話

                    2018.11.26 Monday

                    0

                      ミニトート

                      【ミニトート/カスタムオーダー】

                       

                      今回ご紹介いたしますのはミニトートのカスタムオーダーです。

                       

                      変更点は以下の通り。

                      • ギボシ留めストラップ
                      • 内側にDカン
                      • 内ポケ
                      • 底鋲(標準オプション)
                      • 糸をスーパー繊維「ベクトラン」に変更

                       

                      ミニトート

                      ストラップを外したところ。

                      ミニトートはミリタリートートと同じ革を使っておりますが、ひっくり返す際に水を使っておりませんのでミリタリートートよりもやや艶感があります。

                       

                       

                      ミニトート

                      Dカン

                      これはお客様のご希望でショルダーストラップ用のDカンを逆向きに付けております。

                       

                       

                       

                       

                      ミニトート

                      オプションの底鋲

                       

                      さて、お客様からご感想が届いておりますのでご紹介いたします。

                       

                      本日 無事に届きました^ ^

                      大満足でガシガシこれから使わせてもらいます

                      また 宜しくお願いします

                      名古屋市のG様、ありがとうございました!

                       

                       

                       

                       

                       

                      話は変わりますが、先日の勤労感謝の日に牛久大仏を見に行ってきました。

                      僕は「大きなもの」が好きなので一度見てみたかったのです。

                       

                      牛久大仏

                      勤労感謝の日にどこに行こうか?

                      と家族で話し合いになった時に「牛久大仏に行きたい」と提案したところ、

                       

                      「なぜ大仏?」

                      「パパだけで見に行けばいい」

                      「大きいんだぞ」

                      「だからどうした?」

                       

                      と難色を示されました。

                      そこで、牛久大仏の近くにある「イバライド」というアミューズメント施設をメインにしてついでに牛久大仏に行くという流れに。

                       

                      イバライドが思いのほか楽しく、牛久大仏に着いたのが夕方16時半。

                      なんとタッチの差でしまっていて近くまで行けませんでした…

                       

                      しかしこのデカさ。すごいです。大きいというだけで感動します。

                       

                       

                      最後にイバライドで撮った写真をどうぞ

                      フードコートでマジックショー

                       

                       

                       

                      動物触れ合いコーナーにはハリネズミ

                       

                      いばらいど

                      リクガメ

                       

                       

                      いばらいど

                      アルパカに餌をあげる娘たち

                      アルパカは本当にかわいいです^^

                       

                       

                      他にも多数の動物がいました。

                      イバライドはシルバニアファミリーの世界を再現したエリアがあったりアスレチックなど子供たちが楽しめる施設です。

                      なかなか良いですよ。

                       

                      イバライドwebsite

                       

                       

                       

                      それでは今回はこの辺で。

                      SHIN代表兼職人の加來でした。

                       


                       

                      ミニトート商品ページはこちら